ページの本文へ

Hitachi

ワークスタイル変革ソリューション

働きがい

  • 働き方改革対応の勤怠管理

    働き方改革関連法が改正施行され、大企業は2019年4月から、中小企業も2020年4月から適用対象となりました。企業は、単月100時間、年720時間、複数月平均80時間、45時間以上は年6回まで、という複雑な残業上限を管理する必要に迫られています。従業員の勤務管理を適正に行い、働き方を見える化して、自己および組織のマネージメントをサポートします。

    ソリューション
  • 一人ひとりのスキルや個性を活かす

    従業員の人事情報とスキル、経験、人とのつながりなどのデータを統合し、社内の多様な人財を包括的に可視化をするようになります。
    職務やキャリアパスなどの条件を明確に示し、マッチングすることにより、最適なジョブアサインや育成計画が可能となります。これにより、従業員のモチベーション向上に寄与します。

    ソリューション
  • 従業員のエンゲージメントを高める

    多様な働き方が可能になり副業や転職への抵抗が低く、かつ、人生100年時代を見据えたキャリア志向の高まりとともに、離職率の上昇と人財不足が深刻化しています。この問題に対応するため、企業は従業員のエンゲージメントの向上に関心が高まるなか、当社では従業員自らがエンゲージメントを高めるPDCAを回す仕組みを検討しています。サーベイの実施と結果のフィードバックから、一人ひとりに寄り添い、行動変容を促すためのソリューションをご提供します。