ページの本文へ

Hitachi

ワークスタイル変革ソリューション

少し未来の働き方

  • セキュアなテレワーク環境

    Withコロナの時代、テレワークが定着し、企業のセキュリティポリシーや多様な働き方に合わせた環境が必要になります。 VPN(仮想プライベートネットワーク)やシンクライアントを導入してオフィスと同様に業務を行う、より投資を抑えてクラウドサービスとスマートデバイスを駆使した働き方へ、など、条件に合わせたテレワーク環境の導入を支援します。

    ソリューション
  • 快適なリモート会議

    オフィス、自宅、その他の場所でそれぞれに仕事をするメンバーが、チームとしてストレスなく効率よく働くために、円滑なコミュニケーションを実現します。より洗練されたチャットやリモート会議、会議を効率的に進めるための情報共有、効果的なチームタスク管理などにより、場所や時間にとらわれず、効率的に働けるチーム運営を支援します。

    ソリューション
  • スムーズなコミュニケーション

    電話とメールで連絡をとっていた時代から、チャットやビデオ会議を使って、TPOに合わせた自由なコミュニケーションをとる時代へ。プライベートで便利に活用しているチャットやビデオ会議を、仕事でも有効に活用しましょう。Teamsの効果的な活用を支援する教育プログラムなども提供しています。

    ソリューション
  • RPAで単純作業の自動化

    PCでの「手順が明確」かつ「反復性が高い」事務作業は、RPAの得意分野です。ミスをせず、何時間でも働き続けることができます。極力RPAに任せましょう。RPAの導入を全社展開する場合に役立つ、開発や運用のガイダンス、教育、ロボット部品やサンプル、よくある質問などを、クラウドサービスとして提供しています。各部門で同じ苦労をせず、効率よくRPAを活用できます。

    ソリューション
  • 人とロボットの協働

    RPAを導入したのに、うまく活用できていない、思ったより使える業務が少ない、という課題があがってきています。特に、業務フローに人の確認や判断を含む場合など。人とロボットの作業を切り分け、それをつなげることにより、RPAの活用範囲を広げ、業務フロー全体を自動化することができます。この仕組みは、Automation Anywhereに限らず、他のRPA製品との連携も可能です。

    ソリューション
  • 適正な勤務管理

    労働基準法の改正による残業上限や年休取得の管理、また、テレワーク利用によるオフィスにいない人の勤務状況の管理が必須になってきました。20年以上の実績をもつ勤怠管理のシステム、および、労基法の規定に準じた一括管理ができるダッシュボードを提供します。また、PCを自動的にシャットダウンする仕組みにより、サービス残業を防止することができます。

    ソリューション
  • 働き方の可視化・分析

    業務の効率化をするには、まず現状の見える化が必要です。PCでの利用アプリケーションや利用ファイル名、勤務場所など、業務内容を可視化することで、個人および組織の働き方を一目で把握できます。その上で、どのような業務をどう効率化していくのか、施策を立てることが可能になります。多角的なビジュアル分析により、生産性の向上を支援します。

    ソリューション
  • 一人ひとりを活かす

    テレワークなど働き方が柔軟になり、ロボットによる自動化が進んでも、人が能力を発揮しない限り、企業の成長にはつながりません。社内にどんな人材がいるのか、力を発揮できるポジションはどこか、評価は適正か、など人を活かす仕組みが必要です。人材の見える化・発掘・適正配置・適正評価・育成・定着というサイクルをまわし、個人と組織のパフォーマンスの向上を支援します。

    ソリューション