ページの本文へ

Hitachi

ワークスタイル変革ソリューション

自由な働き方

  • 要件に合わせたテレワーク環境

    少子高齢化、労働人口減少への対策、大規模イベント時の混雑緩和、災害や感染症に対するBCP対策として、テレワークの必要性が高まっています。多くの人がテレワークをすることになり、企業のセキュリティポリシーや働き方の多様化に合わせたさまざまな環境が必要になています。 VPNやシンクライアントを導入してオフィス内と同様に業務を行う、クラウドサービスを駆使して仕事をする、スマホやタブレットでできる業務を増やすなどのテレワーク環境の導入を支援します。

    ソリューション
  • どこからでも効率的に働く

    今後、テレワークが定着し、オンラインでビジネスを進める機会がより一層増加します。メンバーがどこにいても、チームとしてストレスなく効率よく働くために、チャットやリモート会議、業務をスムーズに進めるための情報共有、チームメンバーのタスク管理を実現する仕組みが必要となります。また社内だけでなく、社外とのつながりにおいても、オンラインでも効率的なコミュニケーションをとりやすい環境が必要です。場所や時間にとらわれず効率的に動けるチーム運営を支援します。

    ソリューション
  • 多様化に適応できるワークプレイス

    社会や人の多様性が高まり、働き方の違いを受容しながら協働することが求められています。
    オフィスワーク、テレワークの区別がないフレキシブルな働き方を可能としたり、顧客とのコミュニケーションに仮想空間を利用することで、実際の距離を超えて人が集まることも可能にします。リアルとバーチャルを効果的に組み合わせて働くことによって、多様な働き方を内包しつつ、コラボレーションを生み出せるような環境を実現します。

    ソリューション