> お問い合わせ Hitachi Solutions

テレワーク向け就業管理 Work Time Recorder

テレワークの勤務状況を見える化。適切な就業管理を実現。

テレワークの勤務状況を見える化。適切な就業管理を実現。 テレワークの勤務状況を見える化。適切な就業管理を実現。

テレワーク導入のハードルとなっている就業管理の不安を払しょく。
出勤から退勤まで、勤務場所を問わず勤務状況を見える化して、自動で報告書を作成。
多様な勤務場所で働く従業員の勤怠管理を適切に行うことができ、テレワークを推進します。

課題1

テレワークを導入したいが、勤務管理のやり方がわからない。

解決

勤務場所や勤務時間ごとに業務内容を記録し、業務後には業務報告書を自動で作成します。

課題2

テレワーク導入によって、チームでコミュニケーションがとれなくなるのは困る。

解決

連絡が可能か否かのプレゼンスを上司や同僚に対してSkype for Businessで表示。スムーズなコミュニケーションを支援します。

課題3

テレワーク勤務はうれしいが、上司や周りからさぼっていると誤解されないだろうか。

解決

テレワーク勤務中、いつ、どのソフトウェアやファイルを利用し、どのウェブサイトを閲覧したのか、時系列によるレポートの作成が可能です。

特長1 テレワーク勤務における適切な就業管理を実現します。

業務開始時刻・終了時刻とともに、利用アプリケーションやプレゼンスも自動で記録します。そして業務後には、これらの記録をもとに業務報告書を自動で生成。多様な勤務場所で働く従業員の就業管理を適切に行うことができます。

特長1の図

特長2 テレワーカーとの適切なコミュニケーションを支援します。

Skype for Businessクライアントの画面上で、各従業員の勤務場所や業務内容、さらに現在連絡可能かどうかのプレゼンスを共有できます。テレワーカーとも、適切なタイミングでコミュニケーションをとることができます。

特長2の図

特長3 業務中の画面を時系列でレポートします。

1時間に3回、画面を自動でキャプチャし、時系列で記録します。本当に仕事をしているのかといった管理者の不安、さぼっていると思われているのではないか、というテレワーカーの不安をともに払しょくします。

特長3の図

特長4 テレワーカー自身が自分の業務内容を確認できます。

作業レポートモードによりそれぞれの従業員が、勤務場所や勤務時間、業務分類など時系列で自分の業務内容を確認できます。

特長4の図

前提条件

※ 日立ソリューションズは、フェアユース株式会社(https://fairuse.jp/)と「Work Time Recorder」のパートナー契約を結んでいます。