CHAPTER 1 20代の「敬語・言葉遣い」の現状を調査|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

上司や取引先に失笑されないためにも。今さら聞けない敬語のマナー

123456

若者言葉に慣れた20代にとって、敬語を完ぺきに使いこなし、正しい言葉遣いをすることは意外と難しいもの。社会人経験数年目でも敬語・言葉遣いに自信がない人や、間違った日本語の使い方をしているのに気づいていない人も多いようです。
今回の先生は、ビジネスコミュニケーション講師の大嶋利佳さん。正しいと勘違いしている人が多い敬語・言葉遣いのNG例と正しい実例を、シーン別に教えていただきます。この機会に自分の言葉遣いを見直し、間違いを徹底的に修正しましょう。

CHAPTER 1 20代の「敬語・言葉遣い」の現状を調査

20代のビジネスパーソンたちは、ビジネスシーンで、どの程度、敬語を使いこなしているのでしょうか。20代の敬語・言葉遣いのマナーに対する意識や現状をアンケート調査で探ってみました。

Q1. 情敬語・言葉遣いのマナーに自信はありますか?

Q2. 特に自信がないのは、どのシーンでの敬語マナーですか?

Q3. ビジネスパーソンとして、敬語・言葉遣いのマナーをマスターすることは必要だと思いますか?

まず「敬語・言葉遣いのマナーに自信はあるか」と聞いたところ、「自信がない」と答えた人が7割を超す結果に。多くのビジネスパーソンが、敬語や言葉遣いに自信がないまま、ビジネスの現場で働いている現状が浮き彫りになりました。

敬語・言葉遣いに「自信がある」と回答した人も3割近くいますが、この中には、間違った言葉遣いをしているのに気づいていない人もいるでしょう。そう考えると、実際にはかなり多くの人が、敬語を始めとする言葉遣いを完全にはマスターしていないと考えられます。

次に、Q1で敬語・言葉遣いのマナーに「自信がない」と答えた人に、「特に自信がないのは、どんなビジネスシーンでの敬語マナーか」と聞いてみました。一番回答数が多かったのは「電話」で36.9%。次が「社外の人と話すとき」で32.4%。そのほかの「メール」「企画書・書類を書くとき」、「社内の人と話すとき」と回答した人は、それぞれ1割前後という結果となりました。

さらに、「ビジネスパーソンとして、敬語・言葉遣いのマナーをマスターすることは必要だと思うか」と聞いたところ、95.9%もの人が「はい」と回答。その理由としては「職場でのコミュニケーションが円滑になる」、「最低限の言葉のマナーを身に付けていないと信用されない」といった意見が多く集まりました。

一方で、少数ではありますが「いいえ」と答えた人からは、「周囲でマスターしている人を見たことがないから」といった意見も挙がりました。

みんなのコメント紹介
アンケートに回答した人に、言葉遣いに関する悩みや失敗談を聞いてみました。

敬語・言葉遣いの失敗談

「自分がお菓子を『いただいた』のに『召しあがった』と言ってしまい、『召しあがったのね』と笑われた」(26歳/女性)
「『すいません』ではなく、『すみません』が正しく、本来なら、『申し訳ありません』を使うべきと言われた」(28歳/女性)
「先輩に『ご苦労さまです』と言ってしまい、注意された」(27歳/女性)
「おフリガナのようにフリガナに『お』はつけないとお客さんに注意された」(29歳/男性)
「『わたし』と言おうとして、ついうっかり『ウチ』と関西弁が出てしまったとき。『友達じゃないよ』と笑われた」(29歳/女性)

敬語・言葉遣いに関する悩み・疑問

「自分では敬語を使っているつもりでも、それが間違っていないかどうか、誰も教えてくれないので分からない」(26歳/女性)
「謙譲語と尊敬語の違いがよく分からない」(28歳/男性)
「敬語を使うのは当然ですが、敬語を使いすぎると、なかなか相手と打ち解けることができなかったりするので、うまい使い方をしたいなと思います」(27歳/女性)
「メールでの言い回しのパターンが少なく、いつも単調になってしまいます」(26歳/女性)

上司世代のコメント紹介

30代、40代以上の上司世代の方々にも、「20代に覚えてほしい敬語のマナー」を聞いてみました。
「ビジネスの場で話をする場合は、敬語(丁寧語)を使うべき。職場の雰囲気などもあるかもしれませんが、ため口で話すのはどうかと思います」
「客先との電話のやり取りの中で、自社の人間に敬称をつけて話すのは止めてほしい」
「"俺"はビジネスの場面では論外だと思いますが、"僕"も幼い感じがするので社会人としては不適切では?」
「とかく顧客と懇意になると、礼節を忘れたメールを発信することがありますが、あくまでも顧客は顧客。礼節はお忘れなく」
「たとえば、『年末はとても忙しくて大変でした』の『とても』の代わりに『超』を使うシーンをよく見かけますが、この『超』はビジネス用語じゃないですよね」

20代では、敬語に自信がある人の方が少数派なのですね。 次のページでは、社内での敬語・言葉遣いのNG例をご紹介します。

アンケート出典
COBS ONLINE会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:709名
期間:2011年2月25日~2月27日

teacher
大嶋利佳先生
大嶋利佳先生
Rika Oshima
プロフィール
大学勤務、会社勤務等を経て、1988年、第一回日本語教育能力検定試験に合格、日本語学校教員、専門学校教員となる。
その後研修講師として独立し、1997年、株式会社スピーキングエッセイ設立。現在、同社取締役講師代表として、ビジネスコミュニケーション全般の研修、講演を実施。
著述の分野でも活動し、著書出版、雑誌記事等の執筆監修も多数行う。
著書に、『正しい敬語 そのまま使える会話例&言い換えフレーズ集』『The Business Mail メール力 上手に使いこなす』 などがある。
student
タカハシ写真

生徒のタカハシです。基本的な言葉遣いはできていると思うのですが、自信のない敬語や言い回しは極力使わないようにしているので、言葉遣いがワンパターンになりがち。ボキャブラリーを増やして、自信を持って正しく丁寧な言葉遣いができるようになりたいです。

123456次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。