CHAPTER 1 間違いやすい敬語ベスト5|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

最低限の敬語を覚えておこう!今さら聞けない敬語のマナー2

123456

今回は、前回大好評だった「今さら聞けない敬語のマナー」の第2弾。新社会人の方や、転勤される方、転職される方など、4月は新しい職場でスタートを切るという人が多いのではないでしょうか。そこで、新しい職場で順調なスタートを切るために、敬語のマナーをきちんとおさらいしておきましょう。使うと「おっ」と感心される、知っておきたい敬語もあわせてご紹介します。

今回の先生は、前回と同じく、ビジネスコミュニケーション講師の大嶋利佳さん。間違いやすい敬語の例とその正しい使い方を教えていただきました。まずは、自分が使っている敬語は間違っていないかを見直して、正しい敬語を覚えましょう。また、年長者に好かれるスマートな敬語もぜひ身につけましょう。

CHAPTER 1 間違いやすい敬語ベスト5

大嶋先生に、間違いやすい敬語のベスト5を伺いました。若手だけでなく、ベテランのビジネスパーソンもついつい使ってしまう、間違いやすい敬語・言葉遣いのNG例と、その正しい使い方を解説します。

1位 二重敬語「おっしゃられる通り」

×

「お客様がおっしゃられる通りだと思います」

○

「お客様がおっしゃる通りだと思います」

先生からのアドバイス

これは典型的な二重敬語で、最もよく見られる間違いです。二重敬語とは1つの言葉に2つ以上の敬語をつけてしまう間違った敬語表現です。

「おっしゃる」だけで尊敬語になるため、さらに尊敬語である「られる」をつける必要はありません。

尊敬の意は込められているので、失礼にはあたりませんが、聞いている方は大げさな印象を受け、違和感を覚えるでしょう。

このほかに、二重敬語の例として「ご覧になられましたか」という間違いもよく見られます。これは、「ご覧になりましたか」というのが正解です。

2位 「ございます」と「いらっしゃいます」

×

「田中様でございますね」

○

「田中様でいらっしゃいますね」

先生からのアドバイス

「ございます」は「ある」の丁寧語であり、尊敬語ではありません。また、通常は、「あちらに公園がございます」など物事に対してや、「田中でございますか。申し訳ありませんが、田中はただ今、外出しております」など身内に対して使う言葉です。

そのため、敬意を払うべき相手の名前に「ございます」を使うことは大変失礼にあたります。

上の例のように、お客様と名刺交換をした時や、電話を受け相手の名前を復唱する時は「田中様でいらっしゃいますね」というのが正解です。

3位 「申し上げる」と「申し伝える」

×

「かしこまりました。上の者に申し上げておきます」

○

「かしこまりました。上の者に申し伝えておきます」

先生からのアドバイス

謙譲語と尊敬語の区別がついていないために起こる間違いです。「申し上げる」は目下の者から目上の者へ使う謙譲語であり、「上の者に申し上げておきます」というと、身内である上司を立てることになります。

自分が上司に直接何かをいう場合は「申し上げる」で正しいのですが、この場合敬意を表すべきなのは上司ではなくお客様です。そのため、「申しておきます」または「申し伝えておきます」が正しいいい方です。

4位「弊社」、「当社」、「わが社」の使い方の区別

×

「わが社のミスにより、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんで
した」

○

「弊社のミスにより、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでし
た」

先生からのアドバイス

「弊社」、「当社」、「わが社」の使い方の区別がついていないために起こる間違いです。「わが社」は自社のことにプライドをもった言葉であり、「わが社の今期目標は……」など社内に向けて使う言葉です。一般に対外的には使いません。

対して、「弊社」は自社のことをへりくだったいい方です。弊社の弊は弊害の弊、「たいしたことのない会社です」という意味合いを含んでいます。そのため、対外的に自社のことをいう場合、特に例のように謝罪の際には「弊社」を使うのが正解です。

ちなみに、「当社」は客観性が高い言葉で、商品説明などのデータに「当社比」などと書く場合に使います。

5位「おられる」

×

「○○社でマナー講師をしておられます大嶋様です」

○

「○○社でマナー講師をしていらっしゃいます大嶋様です」

先生からのアドバイス

ベテランのビジネスパーソンでも使ってしまうよくある間違い。「おる」は「いる」謙譲語であり、「私は営業を担当しております」と自分のことをへりくだって丁寧にいう場合に使う言葉です。

謙譲語である「おる」に「られる」という尊敬語をつけても尊敬表現にならないどころか、そもそも言葉の使い方として間違っています。

「マナーを教えている」など、尊敬すべき相手がやっていることを説明する場合は「おられる」ではなく、「いらっしゃいます」というのが正解です。

敬語のマナーのポイント 目上の人に「ご進言ください」はNG?

最近目上の人に向かって「この件について、ご進言ください」といっている場面によく遭遇します。「進言」とは「アドバイス」を丁寧にいった言葉だと思っているようですが、それは間違いです。「進言」の正しい意味は、「目下の人から目上の人に対して意見を申し述べること」です。

目上の人に「教えてください」という時は「ご教授ください」または、「ご指導ください」といいうのが正解です。

残念なことに、世の中には間違った言葉遣いが氾濫しています。それを何の疑いもなく正しいと思って使うのはとても危険です。自分が知らなかった敬語表現を目にした時には、本当にそれが正しい表現なのかを調べてから使うようにしましょう。

teacher
大嶋利佳先生
大嶋利佳先生
Toshie Igaki
プロフィール
大学勤務、会社勤務等を経て、1988年、第一回日本語教育能力検定試験に合格、日本語学校教員、専門学校教員となる。
その後研修講師として独立し、1997年、株式会社スピーキングエッセイ設立。現在、同社取締役講師代表として、ビジネスコミュニケーション全般の研修、講演を実施。
著述の分野でも活動し、著書出版、雑誌記事等の執筆監修も多数行う。
著書に、『正しい敬語 そのまま使える会話例&言い換えフレーズ集』『The Business Mail メール力 上手に使いこなす』 などがある。
student
タカハシ写真

生徒のタカハシです。前回の敬語のマナー講座でも大嶋先生に敬語の使い方をレクチャーしていただきましたが、その時は敬語のバリエーションを増やすことが課題として残りました。それ以来、日常でも気をつけて覚えるようにしてきたので、その成果も先生に見ていただきたいです。

次ページでは、先輩や年長者に感心される敬語ベスト5について解説していきます。

123456次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。