CHAPTER 3 プレゼンテーション発表の基本ルールとマナー|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

心を動かすプレゼンテーション術 ~発表編~ 説得力のあるプレゼンテーションスキルを身につける

123456

CHAPTER 3 プレゼンテーション発表の基本ルールとマナー

発表の準備が整ったらいよいよ本番。まずは、プレゼンテーション発表の際に気を付けたい基本ルールとマナーについて確認しておきましょう。

印象の良い服装の選び方

印象の良い服装の選び方

基本はスーツです。一言にスーツといっても、デザイン性の高いものや、派手な色のものなどありますが、その会社を受験に行くつもり、あるいは結婚相手の親御さんに、結婚の申し込みに行くつもりで選んでください。

スーツだけでなく、靴やバッグ、アクセサリー、メイクにも注意。スーツの印象が良くても靴やバッグが場違いなものであったり、女性であればアクセサリーやメイク、ネイルなどが派手であったりすれば、それを不愉快に思う人がいるかもしれません。

相手も人間なので、見た目で嫌悪感をもってしまえば、内容を見る目も変わってきてしまいます。相手の受ける印象が悪くなる可能性のあるものは全部外すようにしましょう。

また、発表のときの姿勢にも注意してください。フラフラして落ち着かない様子を見せたり、女性が仁王立ちになっていたりしていると、いくら服装がきちんとしていても、発表者の印象が悪くなり聞き手に不快な思いをさせてしまいます。

Point ・その会社を受験に行くつもりで服装を選ぶ ・マイナス印象になる要素を排除した服装にする ・発表時の姿勢に気を付ける

プレゼンテーションの始め方

プレゼンテーションの始め方

まずは自己紹介をして、次にどのくらいの時間で、どのような順序で進行していくのかという全体の流れを説明しましょう。所要時間と話のポイントを伝えておけば、相手も「どれだけ時間がかかるのだろうか」などと心配することなく、安心して聞いてもらえます。

また、質問は最後に受け付けるということを伝えておきます。そうすれば、発表の最中に質問を投げかけられることもなくなります。

Point ・全体の流れと所要時間、話のポイントを伝えておく ・質問は最後に受け付けると伝えておく

プレゼンテーションの終わり方

プレゼンテーションの終わり方

プレゼンテーションの最後には、再度、全体の内容をおさらいしましょう。「今日お伝えしたのは、一つ目に……、二つ目に……、三つ目に……でした。」と簡潔にまとめてください。

そして、もっとも重要なのは決定に向けての念押しをすることです。相手に行動を起こさせることがプレゼンテ―ションの目的ですが、その場で結論が出ることはなかなかありません。

例えば、自社の商品を売るためのプレゼンテーションであるなら、「ぜひ、当社の商品をご購入ください」などと念押しした後に、結果がいつ出るのか確認したり、「明後日、お電話しますので、その際に返事をお聞かせください」などと期限を設定することも忘れないでください。

あるいは、「○日まではキャンペーン中で割引になるので、それまでにぜひ」などと伝えれば、すぐ決断するつもりがなかった人も購入する気になるかもしれません。

・プレゼンテーションの要点を復唱しておさらいする ・行動に移してもらうために念押し、決断の期限を伝える

相手を不快にさせず、好感をもってもらえるためのコツ

相手を不快にさせず、好感をもってもらえるためのコツ

基本的なことですが、相手の社名や氏名、ブランド名など、固有名詞を間違えるのは絶対にNGです。大文字・小文字の使い分けや、ハイフンやピリオドの場所まで注意してください。特に、ライバル会社の製品名と間違えたりするのはご法度です。

また、提案する相手に対するNGワードが分かれば、把握しておいた方が良いでしょう。例えば、ライバル会社の話、学歴の話など、その人が嫌うキーワードがあれば、避けるようにしてください。

相手の個人的な嗜好まで調べられない場合でも、ホームページなどである程度会社のことを調べておくことができ、その会社が喜びそうな演出、嫌いそうな話題などが分かるはずです。また、最近はFacebookをやっている人も多いので、事前に相手のことを調べておくこともできます。

反対に、相手の趣味・嗜好に合わせたものでプレゼンテーションを固めるという手法もあります。例えば、ある旅行会社の営業の方は、A社に行くときは赤のネクタイ、B社に行くときは青のネクタイ、というように訪問する取引先のコーポレートカラーに合わせて取り換えているそうです。

相手の社名や氏名、ブランド名など、固有名詞は絶対に間違えない 提案する相手の趣味・嗜好、NGワードなどが分かれば把握しておく

先生がお悩みを解決!

所定の時間内にプレゼンテ―ションを 終わらせるためにはどうすればいいのですか

天野先生

天野先生

所定の時間で収まるような内容に構成することが前提です。しかし、実際にやってみなければ分かりませんから、事前にリハーサルをして収まるか確認しておくようにしてください。

リハーサルをしていれば、時間通りに終わるはずですが、万一、早く終わってしまったときのために、あらかじめ"おまけ"の話を5つくらい用意しておくことをおすすめします。「ちなみに、弊社のテーマカラーは赤で……」などビジネス的なもの、「ちなみに、私は猫を飼っていまして……」などパーソナルなものをそれぞれ用意して、シーンによって使い分けましょう。

自分で気が付かないような話し方や 立ち振る舞いのクセはどうやって直せばいいのですか?

天野先生

天野先生

練習しているときの自分の様子を録画して確認するか、練習のときに社内の人にチェックしてもらうようにしてください。見てもらう場合には、立ち方なのか、話し方なのか、話すスピードなのか、どこをチェックしてほしいのかポイントをあらかじめ伝えておきましょう。

Challenge! 基本ルールに気を付けて発表

★先生の評価

最初に「3分ほど時間をいただきます」と、きちんと伝えていましたし、その通りに終わることができました。また、ポイントを三つに絞って簡潔に説明できていたのも良かったですね。四つ以上あると、「多い」と相手が身構えてしまうので、三つがベストです。そして、最後に、きちんと内容をまとめて復唱していたのも良かったですよ。

ここで、笑顔で話をするテクニックをお教えします。「一つ目は……、二つ目は……、三つ目は……」と説明するときに、「一つ目は」と言う前に口角を上げる、「二つ目は」と言う前に口角を上げる、などと決まりを作っておくことをおすすめします。口角を上げるポイントを台本にも書いておきましょう。

teacher
天野 暢子先生
天野 暢子先生
Nobuko Amano
プロフィール
イー・プレゼン代表、プレゼンコンシュルジュ。広島修道大学卒。広告代理店媒体担当、物流業界紙記者、スキー場開発プランナー、大手ゲームメーカー広報、ホテルチェーン本部企画・広報、IT系ベンチャー企業広報、国際PR会社の編集の経験を経て、2006年、プレゼンテーションをメインとしたコンサルタントとして独立。広告代理店、媒体、広告主サイドでの経験から、企画書や広告コピー、プレスリリース、記事、挨拶状、ウェブコンテンツ、メールマガジンなど用途に応じた書き分けを得意とする。民放キー局等でニュースや情報番組の校閲、テロップ・フリップ制作監修、番組ウェブサイト制作などの業務も請け負い、テレビ業界の演出ノウハウに詳しい。
イー・プレゼン
日刊ノボちゃん
student
タカハシ写真

生徒のタカハシです。資料作成編では効果的なプレゼンテーション資料の作り方を学びましたが、今回は説得力のある発表の仕方について学びます。発表のときは、毎回緊張してうまくいくか不安なのですが、自信をもってプレゼンに臨めるようになりたいです。

次のページでは、プレゼンテーション発表の際の、効果的なしぐさや声の出し方について学んでいきます。

前のページへ123456次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。