中華編の1ページ目|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

これだけわかれば大丈夫 食事のマナー 中華編

12

中華料理は種類も豊富で、近頃は接待でも人気があります。しかし、「実はマナーはよくわからない」という人が意外と多いようです。中華料理は、食事と会話を楽しむことが基本です。今回は人気店として知られている「赤坂璃宮」で、中華料理のルールとマナーを教えていただきました。

「和食編」はこちら 「洋食編」はこちら

Chapter1 回転テーブルのマナーを覚える

中華料理は、料理を取り分けるために円卓と回転テーブルが使われるなど、和食や洋食にはない独特のルールとマナーがあります。一流店であっても堅苦しくなりすぎずに利用できる、というイメージがあるため、最近では接待で利用されることも増えています。

しかし、中華料理ならではのルールやマナーを知っている人は、意外と少ないようです。中華料理は、基本的に楽しく会話をしながら楽しむもの。あまり難しく考えすぎずに、お客様と一緒に料理を楽しみましょう。同席した方が楽しく過ごせるようにルールを覚えて、ビジネスシーンでの会食に積極的に利用してみてください。

席次は、部屋の入り口から最も遠い位置が円卓の場合の上席になります。上席に主賓が座り、主賓の人から見て、左、右の順に座っていきます。(バックナンバーの「How to 接待術!」で席次を紹介しています。)2グループが集まった場合は、会話が弾むように交互に座っても大丈夫です。 まず、ナプキンを広げるタイミングですが、着席していきなりナプキンを手にするのはマナー違反。全員が着席して、ホストや主賓の挨拶が終わってから手に取り、ひざの上に広げましょう。

回転テーブルには、調味料、お茶の急須、料理の大皿など、共有するものだけを置くのがルールです。ビール瓶などの倒れやすいものや食べ終わったあとの取り皿、グラスなどは乗せないようにしてください。

料理が運ばれてきたら、まず主賓から取りはじめて時計回りに順番に取り分けていきます。順番が回ってきたら、テンポよく取っていきましょう。しかし、全員が取り終わるまでは、料理には手はつけないのがマナーです。これは和食や洋食のルールと変わりません。

中華料理では、一度全員に行き渡った料理の残りを食べたい人が自由に取っても構いません。お客様が料理の量に満足しているかどうかを確認して、もう料理に手をつけないようならば遠慮せずにいただきましょう。テーブルを回すときは、他の人が取り分けていないかを確認し、時計回りにゆっくりと回します。また、席を立って料理を取るのはマナー違反なので、必ず座って料理を取りましょう。

円卓

円卓にも上座と下座があります。接待を任されているならば、出入り口の近くに座り、食べ物や飲み物などの追加オーダーを行います。

料理を取り分ける

全員に料理が行き渡っているようならば、遠慮をせずに料理をいただきましょう。取り分けるときは、必ず座ったまま行うこと。


Chapter2 会話を楽しむためのさまざまなマナー

お互い遠慮をしてなかなか料理が減らない場合や、魚など取り分けにくいものがある場合は、お店の人に取り分けてもらうのがいいでしょう。例えば、ボイルしたカニ料理が出てくると、どうしても食べることばかりに集中してしまい、無口になりがちです。それではせっかくの接待も台無しになってしまいますから、あらかじめお店の人にひと声かけて、ほぐして取りやすくしておいてもらうことをお勧めします。

自分たちで取り分けるのか、お店の人に取り分けてもらうのかは、どちらが料理をおいしくいただけて、場を楽しく過ごせるかを基準に選択して構いません。

中華料理では、日本人にありがちな『遠慮』は、かえってマナー違反になります。気を遣ってほかの人に料理を取り分けたり、お箸をひっくり返して使うことも、失礼にあたる場合がありますので、気をつけてください。お茶やお酒も基本的には自分でつぎ足します。こうした合理的なルールは、とても中国らしいものといえるものです。

また和食とは大きく異なるのが、器の扱い方です。茶器と飯椀以外は、食べる際にテーブルから持ち上げないのがマナーです。皿を持ち上げて食べる和食のほうが、世界的に見たら稀な例だと覚えておきましょう。また取り皿は料理ごとに1枚ずつ使用し、空いた皿は重ねて置いてもよいことになっています。ちなみに、和食では皿を重ねることは厳禁ですので注意してください。

中国人は話し好きなので、会話を中断させないための独自のマナーが発達しました。例えば、お茶をサーブされたときに机を軽く叩くのは『ありがとう』という意味で、急須にお湯を注ぎ足してほしいときは、接客係に声をかけずにフタをずらしておきます。いずれも会話を中断させないための工夫と言えるでしょう。ルールに縛られ過ぎずに、リラックスしながら食事をし、会話を楽しむための『シンプルな決めごと』で、接待にはピッタリです。

取り皿と料理

取り皿は料理ごとに1枚ずつ取り替えていきます。使い終わったお皿は重ねて、邪魔にならないところに置いておきます。回転テーブルの上には乗せないこと。

次のページへ
12

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。