Chapter2 あなたの健康管理度をチェック!|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

きちんと実践してこそ、一人前の社会人! ビジネスマンの健康管理術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

123456789

前編中編後編

あなたの健康管理度をチェック!

大場俊彦(Oba Toshihiko)先生

監修者プロフィール

大場俊彦(Oba Toshihiko)先生
慶友銀座クリニック院長。1998年慶応義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。現在、銀座にて慶友銀座クリニックの院長をつとめ、オフィス街のクリニックとして多くのビジネスマンの信頼を得ている。テレビなどメディアへの出演も多数。
http://www.ginzaclinic.com/

ではまず、あなたの普段の健康管理度をチェックしてみましょう。

普段の生活を思い出し、以下の項目で当てはまるものを数えてみてください。

[1]会社の健康診断を受けている
[2]人間ドックなど、任意申し込みで受ける健康診断や、特定の病気を早期に発見、治療するための検診を、定期的(年に一度)に受けている
[3]運動を1ヶ月に2回以上行っている
[4]アルコールは自己管理して飲んでおり、週に1日以上は休肝日をもうけている
[5]朝食をきちんと食べている
[6]昼食・夕食は野菜があるメニューを選んで食べている
[7]ここ数ヶ月での体重の上限は1〜2kg以内
[8]1日の中で、10分以上「歩く」時間がある
[9]2日に1回以上排便があり、下痢などではない
[10]睡眠を一日6時間以上取っている
[11]深夜0時前には就寝している
[12]喫煙の習慣がない

全12項目、いかがでしょうか? 以下が診断結果となります。

当てはまる項目が【9個以上】

あなたの健康管理はまずまず合格ラインです。
理想は全ての項目が当てはまることなので、それを目指して健康的な生活習慣を続けてください。

当てはまる項目が【4〜8個】

あなたの健康管理はかなり注意が必要です。
特に4〜5個の人で、[1][2]にあてはまらない人(定期的に検診などを受けていない人)は、今すぐ健康診断に行きましょう。

当てはまる項目が【3個以下】

あなたの健康管理はかなり厳しい状態です。今すぐ生活習慣改善を!
特に[1][2]にあてはまらない人(定期的に検診などを受けていない人)はかなり危険な状態といえるかもしれません。まずは近くの病院で健康診断を受けてみましょう。

健康診断チェック

当てはまる項目が少なかった方はかなり注意

いかがでしたか? 「厳しい」「守りたいけれど、忙しくてなかなかできない」という人も多いのではないでしょうか。

日々忙しいビジネスマンの場合、理想的なのはまず[2]の「人間ドックなど、自己負担で受ける検診を定期的(年に一度)に受けている」を行うことですが、費用や時間面で難しいのが現状です。ですので、まずは会社で行われる健康診断を受けてみましょう。

お勤めの関係で健康診断がない場合や、会社で健康診断を今年受けそびれてしまった……という人は、近隣のクリニックなどで行っている健康診断を利用するのも手です。お休みの日や、会社が空いた時間にいって、自分の体調を確認してはいかがでしょうか。
また、ビジネスマンに深刻なのが運動不足。特に[8]のように、気が付くとあまり歩いていない……という人も多いのではないでしょうか?
実は都心部に住み電車通勤を行う人よりも、郊外に住み車通勤を行う人のほうが「一日の中での徒歩数が少ない」というデータもあるのです。車で通勤している人は、意識して体を動かすようにしたいですね。

コラム

健康診断と人間ドック、どのくらい受ければいい?

健康診断は最低でも、1年に1度は受けましょう。では人間ドックは?これは個人の判断にもよりますが、たとえば健康診断で何かしらの数値異常がでた場合や、過去に「要再検査」などになったことがある場合は、まず医療機関で精査が必要となります。その後、一定の期間を経てまた体のチェックをする際には、人間ドックをおすすめします。
さまざまな検査項目があり、その数や値段、かかる時間が種類によってさまざまなのが人間ドック。もし悩む場合、まず最初の年はある程度項目数が揃ったものを受けてみて、翌年は気になる項目を重点的に……と絞っていく方法もあります。何よりもこれら検診は「継続して受けること」が大事!「一度受けたからしばらくは大丈夫」ではなく、毎年決まった季節に申し込むなど意識をしておきましょう。
人間ドックをうけたことがない人は、できれば40歳になった時には受けておきたいものです。それ以降は健康体で、健康診断を毎年受けている人なら2年に1回でもよいかもしれません。ですが、50歳以上の場合はなるべく毎年受けましょう。検査項目により、健康体であれば毎回受けなくてもよいものもあります。医師に相談の上、必要なものを定期的に行うのが鉄則です。

続いては、健康管理の基本ともいうべき「風邪対策」についてお話します。

※掲載内容は、諸説ある中の一説をピックアップしたものです。内容については、個々人の体質や体調により、向き不向きがございます。
実践する事で体調に異変を感じたら、すぐに中止するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ123456789次のページへ







公開日:2014年9月24日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。