Chapter4 体調を崩さないために知っておきたい! ビジネスマンの「体調管理豆知識」 |システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

きちんと実践してこそ、一人前の社会人! ビジネスマンの健康管理術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

123456789

前編中編後編

Chapter4 体調を崩さないために知っておきたい! ビジネスマンの「体調管理豆知識」

日々働く中で、なかなか毎日同じコンディションではいられないもの。今日はちょっと体調が悪いな、最近疲れ気味だな……という時に役立つ、体調管理の豆知識をご紹介します。

朝の二日酔いは要注意

「昨日あんなに飲むんじゃなかった……」と、起きた瞬間に後悔が頭をよぎる「二日酔い」。ほとんど誰もが知っているあのつらい症状ですが、なぜ起きるのかについては実はまだ解明されていません。アルコールに含まれるアセトアルデヒドや、メタノールや不純物の影響、ホルモン異常による脱水や低血糖など、さまざまな要因が絡みあって二日酔いが生まれると考えられています。そのため、頭痛がする場合は頭痛薬、脱水症状にはスポーツドリンクを飲むなど、そのときの体調と症状にあわせて対処することが必要です。

朝の二日酔いは要注意

「足りない栄養素はサプリメントで」はウソ?

現代人は栄養バランスが足りていないから、サプリメントで補わないと……そう思って、さまざまなサプリメントを毎日飲んでいる人はいませんか? 実は、よほど偏った食生活をしないかぎりは、日常生活で栄養素は「ほぼ足りている」と言われています。つまり、サプリメントを飲むと、殆どの場合「栄養過多」になってしまのです。
では、サプリメントはまったく意味が無いかというと、そうでもありません。サプリメント自体の効能よりも、サプリメントを摂取することで「自分自身の健康や体調に気を遣うようになる」という効果があり、それに伴った健康管理による効果が期待できます。なので、自分がもしも飲んでみたいと思ったサプリメントがあったなら、自分に必要な栄養素を取捨選択した上で、製造元さえしっかりしているものなら飲んでも良いでしょう。ちなみに「健康食品」、いわゆるサプリメントには法律上の定義はなく、薬の代わりにはなりません。天然成分由来の健康食品でも、アレルギー症状や医薬品との相互作用を起こすものがあります。病気を持っている人なら、主治医に相談して飲むのが安心です。あまりにも高価なものなどは、よく考えてから購入を。

「足りない栄養素はサプリメントで」はウソ?

「いびき」がひどい人は危険なサイン

寝ている時、ひどいいびきをかいている、息が止まったような気がする……とパートナーから言われたり、自覚している人はいませんか? トドの鳴き声のようなあまりにも音量の大きないびきや、途中で止まってしまうようないびきの場合「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があります。日中強い眠気に襲われるのもこの病気の特徴ですが、正常な人と比べて糖尿病、高血圧、心疾患、脳卒中の発症リスクが高まるというデータがあるほど、生活習慣病と密接な関係にある病気です。
近年、この「睡眠時無呼吸症候群」が原因の大事故のニュースを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか? 交通事故と密接に結びつくこの病気は、医療だけでなく、経済的・社会的損失という面からも研究されています。
原因は「肥満」とよく言われますが、実はそれだけではないのです。欧米人に比べ顎が小さいアジア人は、肥満体型でなくてもこの「睡眠時無呼吸症候群」を起こすことが知られています。また、「加齢」も病気を引き起こす要素の一つ。最近いびきがなんだか大きくなったとパートナーに言われる……という人は、耳鼻科や内科にある「いびき・睡眠時無呼吸外来」を一度訪れてみましょう。よく夫婦でも「いびきがうるさいから寝室は別」という人がいますが、基本的に「パートナーの睡眠を阻害するクラスのいびきをかく人は要注意」と思っておいてください。

「いびき」がひどい人は危険なサイン

次回は、体調や栄養素に加えて気にしたい。「働く人のためのカロリーコントロール法」です。

※掲載内容は、諸説ある中の一説をピックアップしたものです。内容については、個々人の体質や体調により、向き不向きがございます。
実践する事で体調に異変を感じたら、すぐに中止するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページへ123456789次のページへ







公開日:2014年10月6日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。