日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2017年2月20日
株式会社日立ソリューションズ
ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

ウイングアーク1stにOSSの脆弱性を管理する「Black Duck Hub」を導入
自社製品に混入しているOSSの検出から、関連する脆弱性の識別までを自動化し、業務効率向上を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、帳票やBI分野の国内トップシェアのシステムを提供するウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野 弘幸/以下、ウイングアーク1st)に、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)の脆弱性を管理するツールとして、米国Black Duck Software社(以下、Black Duck社)のOSSセキュリティリスク管理ツール「Black Duck Hub」を導入し、2017年1月に稼働を開始しました。
 ウイングアーク1stは、「Black Duck Hub」によって、開発中の自社製品のソースコードやバイナリに混入しているOSSの検出から、関連する脆弱性の識別までを自動化し、業務効率の向上を実現しました。また、出荷後の製品に対しても、「Black Duck Hub」から最新の脆弱性情報をタイムリーに取得し、いち早く顧客へリスクを知らせることで、顧客満足度の向上を図りました。
 導入においては、日立ソリューションズがコンサルティングを行い、ウイングアーク1stのニーズを「Black Duck Hub」の機能を最大限に活かした上で、短期間でのスムーズな導入を実現しました。
 日立ソリューションズは今後も、「Black Duck Hub」を活用した「オープンソース管理ソリューション」を通じて、製品の導入教育からOSSの効果的な活用におけるコンサルティングまで、ウイングアーク1stを一層支援していきます。

■ 背景

ウイングアーク1stは、製品開発にOSSを積極的に活用しており、これまで、日立ソリューションズの「オープンソース管理ソリューション」によるコンサルティングや作業支援を受けながら、OSSライセンス違反防止のための施策や利用するOSSの統合管理を行ってきました。
 近年、著名なOSSにおいて重大な脆弱性が相次いで発見されていることを受け、ウイングアーク1stは、OSSの脆弱性情報を収集して自社製品への影響範囲を調査し、脆弱性の内容や対策方法を顧客へ公表しています。ウイングアーク1stは、これらの調査業務を自動化して業務効率を向上させる点だけでなく、セキュリティリスクを可視化できる点や、最新の脆弱性情報をタイムリーに取得できる点などを評価し、「Black Duck Hub」を導入しました。
 導入にあたっては、ウイングアーク1stの業務を熟知し、サポートを提供している日立ソリューションズと、Black Duck社の日本法人であるブラック・ダック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:Gerry Fosnick)とともに、開発プロセスへのスムーズな取り込みや効果的な活用方法を検討しました。

■ システムの導入効果

  • 自社製品のソースコードやバイナリに混入しているOSSを自動検出
  • 「Black Duck Hub」から入手する最新の脆弱性情報を基に、製品のセキュリティリスクの程度を自動で判断し、品質保証部門の業務効率を向上
  • 製品に関する脆弱性情報やセキュリティリスクをいち早く顧客に開示し、顧客満足度を向上

■ お客様からのコメント

ウイングアーク1st株式会社 BI技術本部BI品質統括部 統括部長の加藤 大受様から、以下のコメントをいただいています。
 「Black Duck社のツールは、当社製品およびクラウドサービスでのOSSの活用および脆弱性を踏まえたリスク管理を行うための欠かすことのできないツールです。今後も、新しい機能の追加や性能向上など、OSS管理ツールとしての進化を期待しています。
 日立ソリューションズとは、製品開発に関わるすべてのメンバーに対するOSS教育から始まり、Black Duck社ツールの導入・運用をお任せするようになった長いお付き合いですが、弊社の業務を理解して的確な支援をしていただける、非常に信頼できるパートナーです。引き続き、さらなるサポートや教育の実施、技術的なアドバイスなど、ご協力をいただきたいと思います。」

■ 日立ソリューションズの「オープンソース管理ソリューション」について

企業がOSSを正しく利用していくための導入支援コンサルティングから、OSSの利用ガイドラインの策定や教育、経験豊富なエンジニアによる「よろず相談」など、コンサルティングから運用までをワンストップで提供するソリューションです。Black Duck社の「Black Duck Hub」をはじめとする豊富なツール群を用いて、戦略的なOSSの利用を支援しています。
 また、「Black Duck Hub」のアドオンツールとして、OSSごとの使用方法に応じたライセンス責務を日本語で表示する「OSS管理補助ツール」を開発、販売しています。
 紹介URL:http://www.hitachi-solutions.co.jp/oms/

■ Black Duck 社について

URL:https://www.blackducksoftware.com/ja/
 2002年に米国マサチューセッツ州バーリントンに設立、あらゆる規模の企業がOSSを安全に管理し運用することで、ビジネスチャンスを最大化させる手法や技術を提供しています。
 日立ソリューションズは、2010年からBlack Duck社のパートナーとして活動しています。

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Black Duck、Black Duck Hubは、米国Black Duck Software, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。