ビジネス課題への対応 | IFRS対応

| セミオーダー方式で、企業の強みを活かす基幹業務ソリューションFutureStage 商社・卸向け販売管理システム、財務会計・管理会計システムです。

FutureStage 商社・卸向け販売管理システム 財務会計・管理会計システム [旧名称:Fit-ONE]

日立ソリューションズ

サイトマップ

  • FutureStageとは
  • ビジネス課題
  • テンプレート
  • 業務別ソリューション
  • SaaS型ソリューション
  • 導入事例

■貸借対照表(B/S)を重視するIFRSでは“収益認識”と“固定資産管理”に大きな影響が!日常業務に大きなインパクトを与えるIFRSへの対応は?

会計のスペシャリストと連携し、会計+ITの両面からワンストップで支援します。

IFRS(国際会計基準)は、財務会計への影響がクローズアップされがちですが、商社・卸においては、収益認識基準や固定資産の計算方法などの変更が、日常業務に大きな影響を与えます。
FutureStageなら、会計のスペシャリストと連携し、業務診断から、基本計画策定、実際のシステム構築、システム移行、決算まで、ワンストップで支援。将来の会計基準の変更などにも、会計とITの両面から柔軟に対応します。

支援のステップ

支援のステップの図

このような機能をすでにサポート ・収益認識基準選択(販売管理)
・収益認識総額表示/純額表示選択(販売管理)
・セグメント会計(管理会計)
・複数元帳,IFRS財務諸表(財務会計)
・過年度遡及(財務会計)

※資産管理はProPlusを連携させIFRS対応を実現(※ProPlusは株式会社プロシップの登録商標です。)

IFRSへの対応の考え方

お問い合わせお電話でのお問い合わせwebからのお問い合わせ資料請求・お問い合わせ受付イメージ