intra-mart

|日立ソリューションズ『統合型フレームワーク intra-mart』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ

統合型フレームワーク intra-mart

intra-martはWebシステムの開発効率を大幅に向上させる統合型フレームワークです。

統合型フレームワーク intra-mart  概要

インターネットに代表されるような情報通信インフラが急速に整備され、企業のネットワーク化は必要不可欠なものになってきました。

日立ソリューションズでは、“intra-mart”を採用した、企業内、グループ会社、パートナー企業、取引先、そして顧客まで含めたエンタープライズレベルのWebシステム構築 “Enterprise Web Solution” を実現します。

ベースモジュールフレームワーク

開発生産性を大きく向上させる統合型フレームワーク

国内でNo.1シェアを持つ統合型商用フレームワーク製品です(*1)。

開発生産性の高いJ2EEフレームワークを基盤に、ワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/帳票印刷などの豊富なJava業務コンポーネントを組み合わせながら、短期かつ低コストでWebシステムを構築できます(ソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークへと発展できます)。さらにJ2EEベースの開発と併用して、ページベースの開発モデルも利用できるため、Webシステム開発の敷居を大きく下げることができます。

intra-martベースモジュールには、上記フレームワークにオープンソースのアプリケーションサーバ(Resin)が同梱されています (フェールオーバー機能やラウンドロビンによるロードバランス機能などの高度な信頼性を提供するJ2EEアプリケーションサーバです。JBossも選択可能)。

(*1)日経ソリューションプロバイダー調べ

アプリケーション

統合型Web業務アプリケーションシリーズ

さまざまな業務アプリケーションがフレームワーク上にソースコード公開で提供されていますので、それらを組み合わせたオリジナルなWebシステムの構築が容易に実現できます。intra-martアプリケーションシリーズは大きく3つのソリューション(イントラネットソリューション、CRMソリューション、BtoBソリューション)に分類されています。これらのカスタマイズ性に優れたアプリケーションを利用することにより、既存基幹システムと連携して、情報共有や情報連動が全社規模で可能となります。

イントラネットソリューション

  • イントラネット・スタートパック(グループウェア)
  • WebMail
  • 文書管理システム
  • 人事管理システム
  • プロジェクトリソース管理システム

CRMソリューション

  • 営業支援システム
  • 販売管理システム

BtoBソリューション

  • Web受発注システム for SellSide
  • Web受発注システム for BuySide

統合型フレームワーク intra-mart  提供ソリューション

真に活力があり、他社に対して圧倒的に優位性のあるビジネス基盤を生み出すには、構築する情報システムにおいても企業独自の強みを十分に認識し、それを強化するシステム/ITを選択する必要があります。

しかし、問題は「その“オリジナル”な情報システムをいかに効率よく実現できるか」です。それにはこれまでにない「新しいシステム構築基盤」を持つことが重要なキーとなります。そのシステム基盤が優れたものであれば、パッケージにそのまま業務をあわせた導入よりも、自社独自のオリジナル(そして競争力のある)なシステムを構築しても、むしろ短期かつ低コストで実現できるとともに、変化に合わせた変更も柔軟に可能となります。

日立ソリューションズは、このような企業ニーズに応え、Enterprise Web Solutionを実現します。

Webソリューション

webソリューションイメージ

内部統制ソリューション

内部統制に関するITの問題を日立ソリューションズが提供するソリューションで解決いたします。

J-SOXは財務諸表の信頼性にフォーカス

企業全般における内部統制では非常に広範囲の作業となるが、J-SOXは財務報告に係る内部統制にフォーカス

  • 内部統制の4つの目的:
  1. (1) 業務の有効性及び効率性
  2. (2) 財務報告の信頼性
  3. (3) 事業活動に関わる法令等の遵守
  4. (4) 資産の保全
  • 内部統制の6つの基本要素:
  1. (1) 統制環境
  2. (2) リスクの評価と対応
  3. (3) 統制活動
  4. (4) 情報と伝達
  5. (5) モニタリング
  6. (6) ITへの対応

J-SOX対応必須の状況

  • 2008年3月、法制化
  • 2000年問題以来のシステム再構築必須

業務システム開発、インフラ拡充が急務

  • 企業はJ-SOXを含め、否応なしに統制の為の可視化、セキュリティ対応を行わなければならない状況に

ソリューション例

  • 全社規模導入に対応したWebフロントシステム統合基盤であるintra-martは、全従業員のシステムへのアクセス起点として内部統制を一番コントロールしやすい要所となる
  • システムや体制の統制はもちろん、人間系の処理で発生しうるミスも最小限に抑えることが可能

ソリューション例

例えば、ERPのフロントWebシステムに利用する場合に求められる機能

  • 入力データに対する事前統制をかける
  • ERPを直接使用し仮に誤った情報が入力されても処理は続けて流れてしまうという過誤の防止機能

ソリューション例

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2011年9月26日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。