アプリケーションパフォーマンス管理 AppDynamics

|日立ソリューションズ『AppDynamics』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ

アプリケーションパフォーマンス管理 AppDynamics

貴社のデジタルビジネス化を一気に加速し、オンラインサービスを見える化し、最大限のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を提供。
貴社のITサービスが全てのユーザーに最高の“体験”をストレスフリーに提供することを支援いたします。

このようなお悩みはありませんか?

課題

解決

  • オンラインサービスのパフォーマンスの低下の原因が分からない。

    パフォーマンスが低いトランザクションの処理内容を詳細に記録。その原因特定を支援します。

  • システム障害発生時、問題発生個所の特定や原因分析に時間がかかっている。

    システムを構成するアプリケーションのトランザクションを全て記録してある為、再現テスト無しで発生事象の要因を特定します。

  • システム運用時の課題を把握し、次のアプリケーション開発で対策したい。

    本番環境におけるアプリケーションのボトルネックを、コードレベルで把握。開発・運用チーム間での情報共有を高いレベルで実現し、理想的なDevOps環境を提供します。

AppDynamics 概要

デジタルトランスフォーメーションが始まっています。クラウドの普及、IoTの導入、ビッグデータ分析や人工知能の活用などによりICTの活用が急速に拡大。本格的なデジタルビジネスの時代が到来しています。
デジタルビジネスでは、どれだけ快適な体験をユーザーへ与えられるかが、成功の鍵となります。AppDynamicsは、複数のアプリケーション・サービスにより複雑化したシステムのパフォーマンスを見える化し、一元管理する事で、問題の予兆検知及び障害原因の素早い特定を可能とし、ビジネストランザクションのサービスレベルの向上を実現します。これにより、全てのユーザーに最高に快適な”体験”を提供することを支援します。

AppDynamicsが提供する価値

AppDynamicsが提供する価値

APM(Application Performance Monitoring)とは?

物理、仮想、クラウドなどあらゆる環境が混在して構成されるビジネス・トランザクションを、リアルタイムに把握し見える化する為のソリューションです。システム環境の複雑化に伴い、開発部門と運用部門が本番環境の問題を共有する「DevOps」を実現するソリューションとして導入が進んでいます。
システム全体が期待した通りに動作しているかを監視する事で、エンドユーザーからの期待とアプリケーションパフォーマンスとの間にある“ギャップ“を解消します。
APMはパフォーマンスがそのままサービスの価値へ繋がるデジタルビジネスにおいて、必要不可欠なソリューションとなっています。

AppDynamicsの特長

AppDynamicsは、モバイル/Web/サーバを通してEnd to Endでサービス(ビジネス・トランザクション)を監視し、リアルタイムに様々なビジネス上の情報を見える化する事で、DevOpsだけでなく、DevOpsにビジネス部門を加えた「BizDevOps」を実現します。
オンプレミス、クラウド、およびハイブリッドなどの構成において、サービスやアプリケーションのパフォーマンスを確保するためのアプリケーションパフォーマンス管理ソリューションです。

AppDynamicsの特長

1.商用環境のオンライン・サービス全体の可視化を可能とし、サービス品質問題の原因を即座に特定します。

  • オーバーヘッドは、CPUリソースの2%以下に制御されるため、商用環境での監視を問題なく行うことができます。
  • 全てのユーザートランザクションを監視し、問題と認識されたトランザクションを記録します。

2.自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化します。

  • 複雑なトランザクション・フローを自動的に認識し、全体図を自動で作成します。

自動的にオンライン・サービスのシステム構成を検知しマップ化

3.自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下を把握します。

  • 定常時のパフォーマンスを自己学習して、監視のための基準値を自動で設定します。
  • 基準値から乖離した状態を自動検知してアラートを発行します。

自己学習して基準値を自動設定し、パフォーマンス低下を把握

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

4.パフォーマンス低下の原因をコードレベルで把握できます。

  • プログラムのコードレベル(処理レベル)でトランザクションの実行状況のログを取得します。
  • パフォーマンスの低下の原因となったプログラム処理の内容を把握することができます。これにより、事象の再現を実施することなく、迅速な原因特定を支援します。

(1)パフォーマンス低下が発生したトランザクションを見える化。

パフォーマンス低下が発生したトランザクションを見える化

(2)パフォーマンス低下が発生したトランザクションを一覧化。

パフォーマンス低下が発生したトランザクションを一覧化

(3)パフォーマンス低下が発生したトランザクションのシステム構成(アプリケーション構成等)を見える化。

パフォーマンス低下が発生したトランザクションのシステム構成を見える化

(4)パフォーマンス低下の原因と考えられるアプリケーションの処理単位(コードレベル)で実行時間を表示。原因となったと考えられる処理を迅速に把握可能。

パフォーマンス低下の原因と考えられる処理を迅速に把握可能

(5)原因となったと考えられる処理の内容を詳細に表示。

原因となったと考えられる処理の内容を詳細に表示

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。