日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2017年10月19日
株式会社日立ソリューションズ

顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」をネクスウェイに導入
約2,500通りの複雑な課金体系を持つシステムの運用負荷を大幅に削減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、FAXやメール、ダイレクトメール、インサイドセールスなどのコミュニケーションツールを用いた企業の情報発信を通じ、マーケティング活動や業務効率化を支援する株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 宏昌/以下、ネクスウェイ)に顧客管理・課金・請求ソリューション「BSSsymphony」を導入し、2017年7月に稼働を開始しました。
 ネクスウェイは、従来、ブラックボックス化した2つのシステムで約2,500通りの課金体系を管理していました。今回、「BSSsymphony」でシステムを刷新し、一本化したことで、システム管理部門では、各システムへの登録や手動計算が不要になり、チェック作業など、煩雑な業務を削減できました。また、データの同期や既存機能のメンテナンスなどの重複作業がなくなり、運用効率が向上しました。これらにより、2017年度中に、運用管理にかかる作業時間を約1/4に削減できる見込みです。*1
 さらに、ネクスウェイは、今後の新サービスや変則的な課金管理においても、「BSSsymphony」の設定変更や各種ツールの活用により、自社で対応できるようになり、将来的な事業拡大にも迅速に対応できるようになりました。
 日立ソリューションズは、今後も、これまでの通信事業者だけではなく、産業・流通など、サービスビジネスを拡大する企業に向けて「BSSsymphony」を提供していきます。

*1 ネクスウェイ社による試算

■ 背景

ネクスウェイは、FAXやメール、ダイレクトメール、インサイドセールスなどのコミュニケーションツールを用いた企業の情報発信を通じ、マーケティング活動や業務効率化を支援する約30種類のサービスを提供しています。時期や頻度などの条件によって、顧客ごとに請求金額は異なり、その課金体系は約2,500通りと、複雑化しています。
 これまで、ネクスウェイは、画面周りのフロント部分とデータ処理のバッチ部分の2つのシステムで課金管理を行っており、長年使用してきたシステムはブラックボックス化していました。そのため、システム管理部門では、システムの改修が困難となり、2つのシステムへの登録や手動計算による登録が必要でした。また、データ同期作業や既存機能のメンテナンスの作業が必要になるなど、運用管理の負荷増大が問題になっていました。
 これらの問題を解決するため、ネクスウェイは信頼性が求められる課金・請求システムとして、複雑な課金計算に対応し、多数の導入実績がある日立ソリューションズの「BSSsymphony」による刷新を決定しました。

■ システムの導入効果

1. 顧客の複雑な課金体系に対応し、かつシステムの運用負荷を大幅に軽減

 「BSSsymphony」でシステムを刷新したことにより、新システムでは2つのシステムへの登録や手動計算が不要になり、チェック作業など、煩雑な業務が削減されました。さらに、データの同期作業や既存機能のメンテナンスなど、重複作業が不要になりました。 ネクスウェイはこれにより、2017年度中に、運用管理にかかる作業時間を約1/4に削減できる見込みです。

2. 新サービス立上げなど、ユーザーからのさまざまな要望に迅速に対応

 長年、使用してきたシステムの内部はブラックボックス化しており、システム管理者は、新サービスの立ち上げなど、営業などのユーザーからの要望に迅速に対応することが困難になっていました。
 今回の新システムの導入プロセスで、業務プロセスの見直しも行った結果、「BSSsymphony」の簡単なパラメータ設定や各種ツールの活用によって、新サービスの立上げなど、さまざまな要望に迅速に対応することが可能となりました。

■ お客様からのコメント

ネクスウェイ 共通基盤センターの担当者の方から、コメントをいただいています。
 「稼働まで予定通りのスケジュールで進めることができ、また、不具合などもほとんどなく、今回の課金システムの刷新ではプロジェクトとしては品質・コスト・納期のすべての面で概ね100%の評価をしています。新サービスの立ち上げの時など、機能の追加や拡張も容易になり、新たな要望への対応スピードも速くなると期待しています。
 今後は、システム利用者の業務効率向上や、お客様目線で契約から請求までを円滑に対応できるバックオフィスシステムなども検討していきたいと考えています。」

■ 「BSSsymphony」について

「BSSsymphony」は、顧客管理、課金・請求、決済をトータルで提供するソリューションで、これまでの通信事業者だけではなく、産業・流通などのサービスビジネスを拡大する企業にも対応した豊富な標準機能、多様な課金計算、クレジット/コンビニなどの多彩な決済手段、他システムとの自動連携、タブレットからの契約などにも対応し、幅広い業種に適用できます。
 紹介URL: http://www.hitachi-solutions.co.jp/bsssymphony/

■ 導入事例紹介のサイト

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ BSSsymphony、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。