日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2007年6月4日
日立ソフト

開発環境をオンデマンドで提供する「Secure Online」に
ウイングアーク製品群を追加、帳票開発/テスト環境の月額利用を提供
─ウイングアークの帳票開発支援総合サービスサイト「帳票匠屋」との協業強化─

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野功)は、6月5日より開発環境をオンデマンドで提供する「Secure Online(セキュアオンライン)統制IT基盤提供サービス※1」に、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下ウイングアーク テクノロジーズ)の帳票システム「Super Visual Formade(スーパー・ビジュアル・フォーメイド、以下SVF)」と帳票スプールサーバ「Report Director Enterprise(レポート ディレクター エンタープライズ、以下RDE)」製品群を追加し、1ヶ月単位で月額にて利用できる形態で提供します。
 ウイングアーク テクノロジーズの帳票開発支援総合サービスサイトである「帳票匠屋(ちょうひょうたくみや)」との協業強化を行い、帳票開発ニーズに対して帳票の開発/テスト環境を必要な時、必要なだけ提供する「Secure Online」と、帳票開発を支援する「帳票匠屋」のそれぞれの特長に合わせたサービスを提供します。
(※1)仮想マシン、OS、各種ミドルウェア、各種ツールからなる開発IT基盤と付帯する運用を提供するサービス

 「帳票匠屋」とは、ウイングアーク テクノロジーズが企画運営する帳票開発および運用後のアフターフォローを中心とした帳票開発支援総合サービスサイトです。「帳票匠屋」は、お客様が構築した帳票システムにおいて、帳票フォームの変更や追加が発生した際にご利用いただける開発支援サービスメニューの他、帳票システムについての導入支援や機能拡張についての質問に対して、ウイングアークテクノロジーズのパートナ企業をご紹介し解決を支援する場を設けております。「帳票匠屋」は、帳票に関わる様々な活きた情報を交換できる場として、お客様が帳票システムをより快適にご利用いただくために必要な機能を、Web環境で提供いたします。

 日立ソフトは、ウイングアーク テクノロジーズの主要製品である、SVF/RDEをはじめとしたサーバ製品群を「ミドルウェア提供サービス」に追加致しました。これらの製品群を仮想マシン上に導入した環境でご提供致します。対象となる主な製品は以下の通りです。

(1) SVF for Java Print(Windows版/Linux版)
(2) SVF for Web/PDF Java Edition(Windows版/Linux版)
(3) SVF for .NET Framework Web版(Windows版/Linux版)
(4) Report Director Enterprise(Windows版/Red Hat Linux版)
(5) Universal Connect/X(Windows版/Linux版)

 これにより、本サービスのお客様は開発/テスト用にライセンスを購入せずに、SVF/RDEの動作環境をご利用いただけます。また、帳票開発~テストを行うにあたり、「帳票匠屋」が提供する「匠屋帳票開発 フォーム開発」をご利用いただくことも可能です。また、「Secure Online統制IT基盤提供サービス」へのSVF/RDEの導入の際は、「帳票匠屋」が提供する「匠の技 導入支援サービス」や「匠の技 インストレーションサービス」などをご利用いただくことも可能です。
 今回の発表に際し、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社より、以下のエンドースメントをいただいています。

 ウイングアーク テクノロジーズは、日立ソフトの「Secure Online統制IT基盤提供サービス」と「帳票匠屋」の連携を心より歓迎いたします。効率的で無駄のないシステム構築への要望が高まる中、必要なサービスを選択して運用できるビジネスモデルは、業務の効率化をはかるだけでなく、便利かつ必要最低限のコストで運用が実現できます。「Secure Online統制IT基盤提供サービス」は、セキュアな環境で、複数のソフトウエアを効率的に業務に役立てるIT基盤を提供されています。ウイングアーク テクノロジーズは、これまで帳票運用で培われたノウハウを元に、「Secure Online統制IT基盤提供サービス」上で帳票サービスを提供し、業務の効率化が進むことを期待いたします。
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 
代表取締役社長 内野 弘幸

 「Secure Online統制IT基盤提供サービス」の「仮想マシン提供サービス」「ネットワーク接続サービス」「ミドルウェア提供サービス」などを組み合わせて、日立ソフトが最適な実現方式にてご提供します。

<動作環境/連携について>
■帳票匠屋との連携

帳票匠屋との連携

<Secure Onlineホームページ> http://hitachisoft.jp/products/so/

<帳票匠屋ホームページ> http://takumiya.wingarc.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
担当部署:@Sales24
ホームページ http://sales24.hitachisoft.jp/
Tel: 03-5479-8831

日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。
帳票匠屋は、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社の登録商標です。
Secure Onlineは、日立ソフトの商標です。
その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。