ページの本文へ

Hitachi

日立ソリューションズ FutureStage 商社・卸向け販売管理システム、財務会計・管理システム

他システムとの連携

課題

入力の重複によるミスを防ぎたい。
外出先から基幹システムにアクセスしたい。
情報資産を経営戦略に活用したい。
ID・パスワードを効率的に管理したい。
資料を安全・効率的に保管したい。

他システムとの柔軟な連携により、情報資産の効率的な管理と有効活用を実現します。

業務に関連する多様なシステムとも柔軟な連携が可能。
情報管理の効率を向上させるだけでなく、企業の情報資産の有効活用を促進します。

  • 運用管理ソフトとの連携により、他システムのデータの自動連携、スケジューリング、障害監視を実施。情報連携の精度向上、効率化を実現します。
  • スマートデバイスなどとの連携により、基幹システムの情報を必要な時にスピーディに活用できます。
  • 各種実績情報を明細レベルでタイムリーに活用でき、経営戦略に役立つ分析が可能となります。
  • 電子帳票システムとの連携を行うことにより、帳票保管コストの削減、検索効率の向上、セキュリティーの強化が行えます。

情報資産の効率的な管理の図