ファイルサーバーのリプレース/クラウド移行 もしかして…そのまま移行するつもり?

ファイルサーバーのハードウェア刷新やクラウド移行を検討する企業にとって、増え続けるデータ容量は悩みの種です。コストを抑えるため、不要なファイルを整理してスリム化したいところですが、なかなかうまくいかないもの。こうした悩みをお持ちの企業に向けて、ありがちなケースごとに「活文 File Server Optimizer」による解決策をご紹介します。
ファイルサーバー移行(計画)時の課題と解決策
ファイルサーバーの移行では、“コスト”や“情報セキュリティー”の観点から以下のような事前作業が必要です。
1. 容量スリム化
ハードウェアのリプレースでは、現在のデータ容量だけでなく、次のリプレースまでのデータ増加も見越してサイジングする必要があります。クラウド移行なら移行後も簡単に容量拡張できますが、いずれの場合でも、データ容量をどれだけスリム化できるかがコスト削減(最適化)を図るうえでポイントとなります。
2. ファイル棚卸
機密ファイルや重要ファイルが社内ルールにしたがって保管されているかファイルの棚卸をしておくと、情報セキュリティー面でも安心です。特にクラウド移行の場合はファイルを社外に置くことになるため、移行を機にセキュリティーポリシーの再検討を含め、慎重にチェックしておきたいところです。
こうした事前作業は現場ユーザーの協力なしには不可能ですが、忙しい!判断できない!などの理由で、なかなか現場の協力が得られないのが現実です。そして、こうした課題を解決し、効率的なスリム化/ファイル棚卸を実現するのが、「活文 File Server Optimizer」です。
Case.1 不要なファイルを削除してください VS (そんな暇ないし…)全部必要です!
現場ユーザーにとって、情報システム部門からの不要ファイル削除依頼は業務の妨げでしかありません。忙しくて確認する時間もないし、少しだけ減らしてあとはすべて移行してもらおう…という人が多ければ大きなスリム化は期待できず、リプレースコストが膨らんでしまいます。かといって、情報システム部門でファイルの要不要を判断することは困難で、ファイルサーバーのスリム化には現場ユーザーの参加が不可欠です。
「活文 File Server Optimizer」でファイルサーバーをスムーズにスリム化! 「ユーザー参加型でファイルサーバーの整理を進める方法」資料はこちら
Case.2 機密ファイルを保存してないですよね? VS (自信はないけど…)大丈夫だと思います
セキュリティーポリシーで個人情報や機密情報を含むファイルの扱いを規定するだけで、運用はユーザー任せの状況になっていませんか?ファイルサーバー移行は、運用状況の見直しや、格納されているファイルの棚卸のきっかけになります。
「活文 File Server Optimizer」でファイルサーバーの運用状況をチェック! 「移行を機に見直すべきファイルサーバー運用3つのポイント」資料はこちら
ファイルサーバー移行後の業務効率化にも貢献
せっかくファイルサーバーを移行するなら、ユーザビリティ向上や業務効率化もめざしたいところです。「活文 File Server Optimizer」はファイルサーバー移行の効率化だけでなく、移行後のファイルサーバーをより使いやすくして社員のデータ活用を支援。業務のスピードアップを実現します。
「活文 File Server Optimizer」で多彩な検索でファイルサーバー活用を促進! 「継続利用で業務効率UP!ファイルサーバー活用促進のポイント」資料はこちら
サブスクリプションライセンスも提供

管理対象ファイルサーバーの使用状況を、ダッシュボード上に分かりやすく集約表示してくれる「活文 File Server Optimizer」。永続的に利用できる買い切りライセンスのほか、サブスクリプションライセンスも用意され、移行プロジェクトの期間だけコストを抑えて利用することもできます。

サーバー概況画面
お問い合わせはこちら

活文 File Server Optimizerの詳細はこちら