ページの本文へ

Hitachi

Microsoft ソリューション Microsoft ソリューション

アプリケーションモダナイゼーション支援ソリューション
for Microsoft Power Platform
AIで煩雑な業務を見える化し、迅速なクラウドアプリケーションへの刷新と継続的改善を実現

業務プロセスを可視化して非効率な業務は改善したい、オンプレミスの業務システムをクラウド化したい、そんな要望、 DX(デジタルトランスフォーメーション)で解決してみませんか?

アプリケーションモダナイゼーション支援ソリューション for Microsoft Power PlatformはAI(FortressIQ)を使って煩雑な業務を可視化し、 Microsoft Power Platformを使って業務を効率的にクラウドへ移行するソリューション。AIとローコード開発が迅速なクラウド移行とモダナイゼーションをサポートし、業務効率の向上とコスト削減を実現します。

こんなお困りごと、ありませんか?

申請業務に紙運用やメール運用が多くて非効率、オンプレのレガシーなシステムのメンテナンス負荷が大きい、そんなお困りごとはありませんか?


非効率な業務を可視化したいが工数が掛かりすぎる、オンプレのレガシーなシステムのメンテナンス負荷が大きい、クラウドに移行したい、紙申請やメールの運用が多く負荷が大きい

日立ソリューションズならAIを使った業務の可視化
ローコード開発による業務の自動化
迅速な業務のクラウド化・効率化を支援します。

本ソリューションによる業務改善サイクル

本ソリューションではFortressIQおよびMicrosoft Power Platformを使用して、迅速な業務のクラウド化・効率化を実現します。

本ソリューションの特長は、業務改善を一度で終わらせない、ということ。業務をクラウド化すると、メンテナンスの負荷が下がるため自律的な改善を行わなくなってしまうこともしばしば。しかし本ソリューションではクラウド移行後も継続的に分析を行うことで、自律的な改善プロセスの継続をサポートします。


PLAN・DO・SEEによる改善プロセスの継続

1AIを使った業務の可視化と要件定義

Fortress IQ

FortressIQとは、Excelファイルの作成やメールの送信など、業務担当者のPC操作のログやスクリーンショットを自動で収集しAIで分析するクラウドサービス。人手によるヒアリングでは4週間以上かかる分析も、FortressIQを利用した分析なら50%短縮し1~2週間で分析可能。

さらに日立ソリューションズの豊富な実績・ノウハウを掛け合わせることで、迅速かつ的確に業務要件を定義できます。


エンドユーザーの操作ログを自動的に取得し、大量ログをAIで解析

FortressIQの詳細を見る

※FortressIQは単独で導入することもできます。

2業務テンプレートを使ったクラウド移行

Microsoft Power Platform「Power Apps」「Power Automate」

業務要件を定義したら、その要件をもとにクラウド上にアプリケーションを構築、移行します。本ソリューションでは移行する業務に合わせたテンプレートを24種類ご用意。福利厚生の施設予約、各種アンケート、人事関連証明書の発行など、要件定義の結果から適切なテンプレートを選択することで、クラウドへの移行を迅速に実現します。


業務要件を基に適切なテンプレートを選択し、クラウドへの移行を実現

3クラウド移行後の継続的な効果分析・レクチャー

Microsoft Power Platform「Power BI」 Fortress IQ

クラウド移行後も、FortressIQによる業務の可視化や業務テンプレートの利用状況の分析を継続的に実施。各種ツールの操作方法やレポートの見方などをレクチャーすることで、さらなる改善個所の特定、業務の自動化を後押しします。


FortressIQの操作方法・解析結果の見方をレクチャーします。
これによって、クラウド移行後のさらなる業務改善個所を特定できます。


業務テンプレートの利用状況の確認方法をレクチャーします。
これによって、例えば申請が滞るポイントなど、ワークフローのボトルネックを特定できます。


さらなる業務改善プロセスを継続

製品ごとのおもな機能と活用イメージ

FortressIQ

FortressIQは通常業務の操作ログから業務プロセスを解析し、グラフィカルに表示。ユーザー操作を体系立てた業務プロセスツリーによって、業務の流れを視覚的かつ直感的に把握できます。


AIによる業務プロセスの自動分析

さらに「誰が」、「どのアプリケーションを」、「どのくらい」利用しているのかについてもグラフで表示。チーム内での業務の偏りを発見し、チームパフォーマンスの改善に貢献します。


チームのワークスタイルの可視化

FortressIQの詳細を見る

※FortressIQは単独で導入することもできます。

Microsoft Power Apps

Microsoft Power Appsは、誰でもローコードのアプリケーションをすばやく簡単に構築できるプラットフォーム。本ソリューションではさらに簡単にアプリケーションを開発できるよう、社内業務に必要なテンプレート(業務用画面と承認ワークフロー)を全24種類ご用意しています。これらの業務テンプレートはユーザビリティやデザイン性にも優れており、業務の迅速なクラウド移行を後押しします。


■業務テンプレート(コラボレーション系)

# 業務テンプレート名 内容
福利厚生申請テンプレート 福利厚生(優待チケット・提携施設など)の予約申請
研修申し込みテンプレート 研修の申し込み申請
研修報告テンプレート 各種結果(研修受講・日報・資格など)の報告申請

…など、全10種類


■業務テンプレート(ビジネスオペレーション系)

# 業務テンプレート名 内容
各種証明書申請テンプレート 人事情報に関する証明書発行依頼の申請
社宅利用申請テンプレート 賃貸住宅を社宅としての利用申請および誓約書の申請
給与口座申請テンプレート 給与口座の振り込み申請

…など、全14種類

Microsoft Power Automate

Microsoft Power Automateは、複数のサービスや社内システムを連携し、定義したワークフローに従って業務を処理するWebサービス。ローコードで実装できるのでメンテナンスしやすく、かつ分岐がグラフィカルに表示されるのでフローが分かりやすいという特長があります。そのため、実際の業務フローに合わせて必要な機能を簡単に実装できます。

例えば次の図のような条件分岐のある複雑な承認フローも、Microsoft Power Automateならローコードで実装できます。


承認フローの例とMicrosoft Power Automateの設定例

Microsoft Power BI

Microsoft Power BIは、ノーコード・ローコードで各種データの抽出・分析、レポート作成ができる「セルフサービスBI」です。
業務をクラウドに移行しても、実際に業務テンプレートが利用されているか、ワークフローの途中でボトルネックが発生して業務が滞っていないかなど、心配は尽きないもの。 Microsoft Power BIを使えば業務テンプレートの利用状況やワークフローのボトルネックを確認できるので、より一層の業務改善に役立ちます。

ニュースリリース

本ソリューションに関しては、2021年2月5日にニュースリリースを行っております。当時の発表は、こちら をご参考としてください。

FortressIQ社からも、日本での初めてのサービス提供について、発表が行われております。
We’re Bringing FortressIQ to Japan with Hitachi Solutions, Ltd.

インフラを含めたITのモダナイゼーションに興味のある方は ITモダナイゼーション支援ソリューション をご確認ください。

関連ソリューション

導入についてや、費用、事例など、お気軽にご相談ください。
資料請求・お問い合わせ
各種Microsoft ソリューション情報をダウンロードしてご覧いただけます。
カタログ・資料ダウンロード
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ