ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

株式会社中電シーティーアイ様 Palo Alto Networks Productsの導入事例やシステム構築例を紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

Palo Alto Networks Productsの導入事例

株式会社中電シーティーアイ様

システム監査にも対応できるレベルのログ精度

メインイメージ

この事例に関するソリューション・商品

次世代ファイアウォールを活用したセキュリティ対策の強化

武田 氏社内情報システム部
武田 氏

数年前の展示会で見かけた次世代ファイアウォール。それが、中電シーティーアイ様とパロアルトネットワークス PAシリーズ(以下、PAシリーズ)の出会いでした。

「次世代ファイアウォールとしてのパロアルトネットワークスPAシリーズの製品コンセプト、特にネットワーク上にどういった通信が流れているか明確に識別できる点について以前から非常に興味がありました。」と語るのは、社内情報システム部の武田氏。

中電シーティーアイ様では、従来型のファイアウォールを使用しポート番号ならびにプロトコル単位での制御を実施していましたが、情報漏えい対策強化の一環としてアプリケーションレベルでのアクセスコントロール(検知と制御)が必要と判断し、PAシリーズの導入を検討しました。

選定のポイントは、システム監査にも十分対応できるレベルの通信ログ

中電シーティーアイ様は、既存のファイアウォールを併用しつつ、PAシリーズを追加導入しました。アプリケーションの可視化をはじめとし、アンチウイルス機能とIPS機能を有効にし、セキュリティの更なる向上対策を行いました。

「PAシリーズのログ解析には驚きました。従来型のファイアウォールによくあるようなテキストベースの大量のログではなく、アプリケーションの統計情報やログの解析結果を見やすく、そして早く、正確に表示してくれます。
また、操作性も優れており、設定作業も難なく実施できました。」(武田氏)
今後は既存ファイアウォールの集約も検討し、将来的にはPAシリーズの復号化機能を用いてSSLで暗号化された通信についても検討したいと思います。

PAシリーズがもたらす、ユーザが安心して利用できるネットワーク

「PAシリーズを導入したことで、細かいアプリケーション単位でのアクセスコントロールが可能となり、利便性はそのままにセキュリティ確保が出来ると考えております。これからは今までに増して、社内のユーザが安心して利用できるネットワーク環境を提供出来ると期待しております。」(武田氏)

株式会社中電シーティーアイ

本社所在地 〒461-0005 名古屋市東区東桜一丁目3番10号 株式会社中電シーティーアイ
創立 2003年
URL http://www.cti.co.jp/

この事例に関するソリューション・商品

導入事例ダウンロード

本事例の内容は2012年8月20日公開当時のものです。

最終更新日:2012年8月20日