| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第11回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第11回 ラインを読み切り、パットを極める

スコアに直結するのがパット。18ホールのうち、いくつかロングパットが決まると、ゴルフは一層楽しくなります。そこで今回はパットの基本から、確実性が増す㊙練習法まで深く掘り下げてみましょう。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファーへと転向した。
2014年にレジェンズツアー「シブヤカップ」で初優勝。17年には「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇。
レジェンズツアー賞金女王に輝いた。レジェンズツアー6勝。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み 距離感が合わず、芝目の読み方にも自信がない

相談者・西村さん

「ロングパットの距離感が合わないのが悩みです。また、芝目の読み方にも自信がありません」。

白戸プロのお手本

ANSWER●回答 パットは基本を押さえつつフィーリング重視で

解説

私が心がけているアドレスの基本形は、両手ともに同じ圧力で、両肘はわき腹に触れる程度。スタンスは肩幅程度の広さです。手の動きを優先させないために、お腹の中の筋肉を締めるイメージを持ってストロークします。パットを振り幅で考えるあまり、ロングパットで必要以上に大きく振ってしまっている方をよく見かけます。プロたちは、小さい動きでストロークすることを知っています。アマチュアの方々より、ずっと小さい振り幅で、アドレスでの再現性が高い打ち方をしているのです。ターゲットを見ながら素振りをして距離感をつかんだら、そのイメージが消えないうちにストロークすることも大事です。

芝目の読み方

芝目の読み方

グリーンに上がる前に、まず全体像を見ます(写真① )。ボールとカップとの間の傾斜を見てから、芝が白っぽければ順目、濃い場合には逆目と判断します。しかし必ずしも芝目優先に考えるのではなく、傾斜が勝つ場合もあることを念頭に入れてラインを読んでください(写真② )。

背筋をまっすぐ伸ばしてアドレス

背筋をまっすぐ伸ばしてアドレス

パッティングではまっすぐ背筋を伸ばしてアドレスすることでストロークの再現性が高くなります。猫背になって、頭が落ちているアドレスは、あまりよくありません。お仲間がいれば、図のようにシャフトを背骨に沿って当ててもらい、チェックしてもらうと良いでしょう。

クロスハンドグリップもお試しを

クロスハンドグリップもお試しを

右手を使いすぎる方には、クロスハンド(写真② )がオススメ。左手主導で、スムーズにストロークできるようになります。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内