| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第3回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第3回 ウェッジワークを自由自在に

 今回のテーマはショートゲームです。アプローチはスコアメークの鍵を握るショット。花道、ラフ、グリーンの奥からも、ウェッジを自在に使ってパーセーブを狙いたいものです。白戸プロの連続写真をお手本にウェッジワークを学び、上達のステップをもう一段上がりましょう。「ゴルフを楽しむ! ビギナー講座」では、「マイプレー編」と題し、「人には迷惑をかけないマナー」について考えてみましょう。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み アプローチでピンをオーバーするミスが出る

相談者・松山さん

 アプローチでピンをオーバーしてしまうことが多いのが悩みですね。プロのような柔らかい球を出したいのですが、ボールが上がらず、強い球が出てしまう傾向があります。こういう傾向になってしまう原因はどこにあるのでしょうか。それをまず知りたいです。
 その上で、様々なライから、ピンに寄せられるショットをものにしたいと思っています。ボールの位置、スタンスの向きや広さなどは、どのようにして決めるべきなのでしょうか。

ANSWER●回答 テークバックからフォローまで同じスピードで

 私がアプローチで最も重視しているのは、スイングのスピードを変えないこと。テークバックからフォローまで、同じスピードで振り抜いていくことです。
 ピッチエンドランの写真をご確認ください。様々なレッスン書で、アプローチは左足体重でハンドファースト(クラブヘッドよりもグリップが飛球線方向に出ている状態)にすると書かれています。ただその傾向が強すぎるとロフトも立ってしまい、柔らかい球を打つことは難しくなります。
 またロブショットでは体を開き、フェースも開いてイン・トゥー・イン(インサイドに引いて、インサイドに振り抜いていく)の軌道でスイングすれば、ボールは高々と上がります。

白戸プロのお手本

ピッチエンドラン テークバックからフォローまで、同じスピードで振り抜きます

ピッチエンドラン

ロブショット 体を開き、クラブフェースも開き、イン・トゥー・インの軌道を意識します

ロブショット

POINT

手首をこめては駄目
左の写真のように手首をこねず、右の写真のようにアドレス時と同じ形でインパクトを迎える。
手首をこねては駄目

 アプローチはターゲットが近い分、ついつい手の動きだけに頼ってスイングしてしまいがちです。しかしこの時、左の写真の様な手首をこねるような動きは厳禁。この動きを自覚し矯正するには、次ページ下にあるクロスハンドグリップのドリルが有効です。

POINT

難しいラインではフォローを考えないフォロースルーは赤のラインまで
左がアドレスの形。右がインパクト後。コンパクトなスイングを心掛ける。
難しいラインではフォローを考えない
フォロースルーは赤のラインまで

 グリーン奥など、ダウンヒルのライのアプローチではクラブを短く持ち、オープンスタンスでフォローを出すスペースを作ってあげます。特にフォローを大きく出す必要はありません。傾斜なりにスイングして、打ったら終わり、の感覚でショットをしてください。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内