| TOP | 興味を広げる | PROWISE STYLE GOLF | 第9回 |

【PROWISE STYLE GOLF】第9回 曲がらずに飛ばせるショットをマスター

ゴルフ場は非日常を楽しむ場所。
広々としたフェアウェーを歩きながら、思いっきり心を開放しましょう。新シリーズ「オールラウンドプレーヤーになるためのステップ」第1回は「ドライバー・フェアウエーウッド・ユーティリティー編」。最終ページでは、ゴルフをしないビジネスパーソンにも役立つ「日常生活すべてのシーンでパフォーマンスが上がる健康術」もご紹介します。
白戸 由香

しろと・ゆか
1969年青森県南津軽郡出身。
日立ソフトウェア女子ソフトボール部で活躍後、93年にプロゴルファー転向。
2014年に女子シニアのレジェンズツアー「シブヤカップ」で初勝利。
17年に「ふくやカップマダムオープン」と「シブヤカップ」を制覇し、レジェンズツアー賞金女王に輝いた。日立ソリューションズ所属。

QUESTION●お悩み 方向性を安定させ飛距離アップを達成したい

相談者・西村さん 傾向としてはボールが右に飛び出しスライスします。時々フックも出て、球筋が安定しません。200ヤード程度しか飛ばないので、飛距離をアップさせたい。

白戸プロのお手本

ANSWER●回答 オーバースイング予防には腹筋を感じながらテークバック

ドライバーの基本

【解説】ドライバーの基本は、トップをコンパクトに保つことです(左から3枚目の写真)。そのために重要なのが実は腹筋。アドレスしたら、お腹に「クッ」と力を入れてテークバックしてみてください。オーバースイングにならず、トップはきっといいところに収まるはずです。

西村さんのトップ

【矯正前↑】西村さんのトップは、体の柔軟性を十分に感じさせるもの。股関節も柔らかい。しかしその長所が、ミスショットの原因になっていました。トップが大きく、体が深く回りすぎてオーバースイングになっていました(左から3枚目の写真)。右ヒジが体の幅からはみだし、正しいスイング軌道から外れ、振り遅れ気味のインパクトに。結果プッシュアウトしてスライスの球筋を誘発していました。エネルギーが貯まらずに、インパクトの前に抜けていたため、飛距離もロスしていました。そこでアドレス時に、腹筋に力を入れ、そのままスイングしていただきました。

矯正後 西村さんの感想

【矯正後↑西村さんの感想】
「これまで腹筋を意識したことはなかったのですが、お腹に力を入れてテークバックすると、トップが低く収まるようになりました。(高いドローボールの)いいショットも出て、飛距離も伸びました。

良い例・悪い例
  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内