| TOP | この人に学ぶ | ヒロインの視点 | 第2回 |

【ヒロインの視点】 第2回 北条政子〜武家社会を統率した尼将軍〜

ジェンダー格差がなかなか解消されない日本。日本の歴史上、大きな役割を果たした
女性を取り上げ、あらためて日本という国の成り立ちや本質を考えます。
持統天皇、北条政子、日野富子、淀殿、春日局。旧来の日本史観にとらわれない
女性を主役にした新しい視点から歴史上の人物を見つめることで、
ジェンダー格差解消のヒントを探りたいと思います。

北条政子は本当に悪女だったのか

日本のジェンダーギャップ指数2021

第1回の持統天皇の記事では、「世界経済フォーラム」が発表するジェンダー・ギャップ指数2019年版において日本の順位が極めて低いことを取り上げました。2021年3月30日に発表された2020年版の結果でも、日本の順位は156カ国中120位(19年121位)と状況はほとんど変わっていません。詳しく見ると政治分野が147位(19年144位)、女性管理職比率などに基づく経済分野が117位(19年115位)と、むしろ後退しています。
政財界において確かに女性の姿は少なく、ジェンダー・ギャップという視点から見ると日本の後進ぶりを痛感させられます。2021年3月8日に発表された経団連の新しい人事で、副会長に女性で初めてDeNAの南場智子氏が就任したことで話題になりましたが、70年以上もの歴史のある組織のなかで初の女性副会長とは、やはり財界の女性進出には壁があると言わざるをえません。

北条政子と源頼朝の銅像(蛭ヶ島の公園内)
北条政子と源頼朝の銅像(蛭ヶ島の公園内)

今回取り上げるのは、鎌倉時代に尼将軍として幕府を牽引した北条政子です。悪女という評価もある人ですが、果たして本当にそうだったのか。そんな検証も含めて彼女の足跡を辿ってみたいと思います。

源頼朝の妻である北条政子は、頼朝の亡き後、「鎌倉殿」として幕府のトップとなった人です。「ガラスの天井」をとやかく言う前に、女性の政界進出が極端に少ない現代の日本からみると、なぜ、そんなことが可能だったのかと不思議に思われる人もいることでしょう。ただ、持統天皇の時代もそうでしたが、女性が政治に参画することは、当時はそう珍しいことではなかったのです。今でも日本に根強く残っている「男は仕事、女は家庭」のような考え方は社会環境によって形成された無意識バイアスで、1950年代の高度経済成長期に強固になったのではといわれています。

北条時政像(出典:日本随筆大成第2期第9巻)
北条時政像
(出典:日本随筆大成第2期第9巻)

北条政子が源頼朝の妻になったのは、次のような経緯からです。平治の乱に敗れた頼朝は伊豆に流刑され、そのとき監視役となったのが、政子の父で伊豆国の豪族だった北条時政でした。そのとき頼朝は14歳、政子は4歳。それから17年後に2人は夫婦となります。1177年頃のことでした。平家が全盛の世の中で、政敵である源氏の嫡流に娘を嫁がせることに時政は強く反対しましたが、政子の思いが強く、しかも子どもが生まれたこともあり、しぶしぶ結婚を認めました。親が決めた政略結婚が多かった時代に、自らの意志によってパートナーを選んだ政子の行動は大胆で、自立心の高い生き方はここからはじまったといえます。

源頼朝の妻として多くの苦難を経験

治承・寿永の乱「源平合戦図屏風」(赤間神宮所蔵)
治承・寿永の乱「源平合戦図屏風」(赤間神宮所蔵)

地方豪族の娘が源氏の御曹司と結婚するというと玉の輿のように思えますが、当時の頼朝は流罪の身であり財産も地位もなく、平家が支配する世の中ではあまり祝福されたものではありませんでした。
流人として20年近くを伊豆国で過ごしてきた頼朝に転機が訪れたのは、1180年の治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)です。後白河法皇の皇子、以仁王(もちひとおう)の挙兵をきっかけに、各地で平家の政権に対する反乱が起こります。最初は静観していた頼朝ですが、次第に戦況が拡大し、自分にも平家の兵が迫りつつあるのを知り、ついに挙兵を決意します。頼朝は一度大敗したのち安房に逃れ、態勢を立て直し、東国の武士を集めて源氏ゆかりの地である鎌倉に本拠を構えます。このとき政子も伊豆から鎌倉に移り住み、頼朝は東国の主、鎌倉殿となり、政子は御台所(みだいどころ)となるのです。

政子を常に悩ませてきたのは頼朝の女性関係です。当時の公家や武家の男たちが複数の女性と関係をもったように、頼朝にも何人か相手がいて、それが一族を揺るがす火種になることがありました。よく知られているのが、亀の前という女性をめぐる事件です。
結婚した直後に、政子は長女の大姫を授かり、1182年に二人目の子(のちの2代将軍・源頼家)を懐妊します。政子の妊娠中に頼朝は伊豆の時代から仕えていた亀の前を寵愛し、近くに呼び寄せて通うようになります。これを知った政子は激怒し、牧の方(北条時政の後妻)の父、牧宗親(まきむねちか)に命じて、亀の前が身を寄せていた伏見広綱(ふしみひろつな)の住居を破壊。亀の前は逃げ出します。頼朝はこれに腹を立て、宗親の髻(もとどり)を切り落とし、恥辱を与えたといいます。この仕打ちに時政が怒り、一族を連れて伊豆へ引き揚げる騒ぎになります。政子のほうも伏見広綱を遠江国へ流罪にしています。一族郎党を巻き込んだ壮大な夫婦げんかです。

政子が悪女と呼ばれるようになったのは、こうした嫉妬心や気の強さからだといわれています。現代の倫理観をそのまま鎌倉時代に当てはめるのはむずかしいですが、当世の男女観からすると、政子が怒って当たり前のことを頼朝がしているわけで、特に妻が妊娠中の男の浮気はきつく非難されます。当時は子孫を多く残す必要のある武家の棟梁だから当たり前とされていたことに猛烈な抗議をしたわけです。

一猛斎芳虎 大姫君(出典:国立国会図書館Webサイト) 葛飾北斎画 静御前(北斎館蔵)
上:一猛斎芳虎 大姫君
(出典:国立国会図書館Webサイト)
下:葛飾北斎画 静御前(北斎館蔵)

源氏はその後、平家との戦いに次々と勝ちを収め、天下を取るわけですが、頼朝よりも先に征夷大将軍になりかけたのが源義仲でした。頼朝とは対立関係にあったため、和睦をはかろうと長女の大姫を義仲の嫡男である義高と婚約させます。やがて義仲は朝廷との関係が悪化し、頼朝が送った源範頼・源義経の軍勢に討たれます。これに伴い義高も狙われ、政子はなんとか彼を救おうとしましたが、努力の甲斐なくあえなく命を奪われてしまいます。この事件にショックを受けた大姫は精神を病んでしまい、政子は娘がこうなったのは頼朝のせいだと詰め寄ります。
頼朝と政子が対立することは多く、静御前の話もよく知られています。平家討伐に多大な貢献をした義経が自分の身を脅かすのを恐れ、頼朝は義経と対立。義経の愛妾である静御前を捕らえます。静御前は身ごもっており、頼朝は「女子なら生かすが、男子なら殺す」と言い渡します。産まれたのは男子で、政子はその子の助命を懸命に願いますが許されず、由比ヶ浜に遺棄されてしまいました。非情な権力争いが行われる武家社会ではやむをえないこととわかっていても、抵抗せずにいられない。そんな根っからの情の深さを政子は備えていたといえます。

そして1192年、頼朝は征夷大将軍に任命され、政子はその直後に男子(後の3代将軍・源実朝)を産みます。着々と鎌倉幕府の基礎が整えられていくものの、1197年に長く精神を病んでいた大姫が亡くなり、1199年には頼朝を失い、さらには次女の乙姫までも病死してしまいます。当時の政子は悲しみのどん底にあったと伝えられています。

  一覧へ戻る 1   2 次のページへ  

「この人に学ぶ -Expert-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「この人に学ぶ -Expert-」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • ヒロインの視点
  • 挑む人
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内