| TOP | 興味を広げる | 三国志から学ぶ人財戦略 |

【三国志から学ぶ人財戦略】

三国志は今から1800年以上も前の中国を舞台に繰り広げられた物語である。
これまで幾度となく小説、映画、漫画、ゲームの題材となり、ビジネスでも教材に取り上げられてきた不滅のコンテンツともいえる。
なぜ、いま三国志なのか。それはこの物語で展開される人材活用の妙にある。
人材不足が問題となる一方で、多くの仕事がAIに代用されていく現代。
いかなる「人"財"戦略」が必要なのか。三国志を通して考えていきたい。
事業承継を考える -後継者たちの明暗-

第6回 
事業承継を考える -後継者たちの明暗-
(2020.09.29掲載)

三国志の主役、曹操、孫権、劉備。類まれなカリスマ性を備えたトップの亡き後、どんな人物がどのように後を継いだのか。魏呉蜀ぞれぞれの末路をたどりながら、現代のビジネスと重ね合わせ、事業承継の課題を考察する。
コラボレーションで成果を上げる -「赤壁の戦い」の協創-

第5回 
コラボレーションで成果を上げる -「赤壁の戦い」の協創-
(2020.08.25掲載)

三国志のハイライトともいえる「赤壁の戦い」。曹操軍の侵攻を食い止めるために、孫権軍と劉備軍の同盟を成立させたキーマンを中心に、このコラボレーションが魏呉蜀の三国にどのような影響を与えたかを掘り下げる。
結束力を高めるべし -組織をまとめる人事-

第4回 
結束力を高めるべし -組織をまとめる人事-
(2020.07.21掲載)

魏呉蜀の人事の特性をみながら、現代のビジネスにも通用する組織運営のヒントを探っていく。バラバラになりがちな組織をどうまとめる?重鎮と若手をどう配置する?コンプライアンスはどうする?など課題は尽きない。
知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[後編]-

第3回 
知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[後編]-
(2020.06.16掲載)

参謀役にフォーカスを当てた後編。魏の郭嘉、呉の魯粛、蜀の法正と、並みはずれた知力で国の転換期を支え、危機を乗り越える働きを見せた参謀たち。彼らの代表的な仕事を通して、組織を強くする参謀のあり方を考える。
知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[前編]-

第2回 
知力を武器とせよ -参謀たちの叡智[前編]-
(2020.05.26掲載)

三国志に数多く登場する参謀役を通して、知力がいかに大きな戦力となったかを2回に渡って探る。前編では魏の荀掾A呉の周瑜、そして蜀の諸葛亮と、三国を代表する名参謀を取り上げ、彼らの果たした功績を検証する。
人財不足を補え -魏呉蜀の人財獲得法-

第1回 
人財不足を補え -魏呉蜀の人財獲得法-
(2020.05.26掲載)

テーマは「魏・呉・蜀の三国がいかにして人材を集めたか」。曹操は「唯才主義」、孫権は「地縁血縁」、劉備は「情義と志」といわれる。それぞれの特徴を浮き彫りにしながら、組織を強化する人財獲得について検証する。

「興味を広げる -Etc.-」カテゴリの他のコンテンツも見る

「興味を広げる -Etc.- 」
カテゴリの他のコンテンツも見る

  • 知られざるヒット商品のオモテとウラ
  • SDGsでイノベーション サステナブルな新世界
  • 三国志から学ぶ人財戦略
  • ミレニアル世代のトリセツ
  • PROWISE STYLE GOLF
  • 城のストラテジー
  • 城のストラテジーリターンズ
  • 戦国家臣団に学ぶ強い組織づくり
※本ページの内容は、取材または原稿制作当時のものです。
スマートフォンからもご覧いただけます
プロワイズウェブの歴史

是非フォローを
お願いいたします!

プロワイズ事務局 Twitterアカウントへのご案内 プロワイズ事務局 Instagramアカウントへのご案内