日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2011年3月4日
株式会社日立ソリューションズ

日立ソリューションズが碧海信用金庫の相続業務支援システムを構築
ナビゲーション機能によるお客様サービス向上・業務効率化を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、碧海信用金庫(本店:愛知県安城市、理事長:増田 昌史)の相続業務支援システムを構築しました。同金庫では、2011年1月から運用を開始し、お客様サービス向上や業務効率化を実現しています。

 少子高齢化などにより、金融機関における相続業務の取扱件数は、年々増加傾向にあります。しかし相続業務は、深い専門知識や適切な判断が必要とされるため、ベテラン職員が対応しているケースが多く見られます。
 碧海信用金庫では、営業店からの本部への相続業務に関する問い合わせが集中し、その対応に苦慮していました。そこで営業店職員のスキルアップやお客様からの苦情発生の抑止・お客様満足度向上を実現するため、取引情報と連携したナビゲーション機能や、今後のシステムの拡張性などを評価し、日立ソリューションズが提案する相続業務支援システムを採用し、2011年1月から運用を開始しています。
 今回、運用を開始した相続業務支援システムでは、必要な事務作業やお客様から提出いただく書類(徴求書類)の種類などをナビゲーションする機能を使用することで、誰でも適切かつスムーズなお客様対応が可能となりました。また、取扱い件数の少ない相続業務の対応状況を事例として蓄積し、全店で共有化できるナレッジマネジメントも推進しています。

■ 相続業務支援システムの特徴

  • 事務作業ナビゲーション機能
    相続業務支援システムは、お客様の来店時に、システムが自動収集した被相続人の取引状況(預金・貸金状況等)から確認すべき項目を抽出したヒアリングシートによって、受付事務をスムーズに進めることができます。
  • 相続人ナビゲーション機能
    法定相続順位等を考慮した画面誘導により、相続関係図を自動で作成できます。
  • 徴求書類ナビゲーション機能
    被相続人の取引状況(預金・貸金状況)や遺産分割形態などの情報から、お客様に提出いただく相続関連書類の情報を表示し、お客様向けのご案内を自動で作成できます。
  • 過去案件の蓄積・事例検索機能
    取扱い件数の少ない相続業務では、取扱った案件を事例として蓄積し、事例検索などで類似案件の事務内容を照会することができます。

 日立ソリューションズは、今後も碧海信用金庫に事務効率化に向けたシステム拡張や、適切なソリューションを提供していき、碧海信用金庫の『地域のファースト・コール・バンク~ もっとも身近で、もっとも頼りになる信用金庫~』をスローガンとしたお客様サービス向上/業務標準化・効率化の課題解決の支援を行っていきます。

<商品・サービスに関するお問い合わせ窓口>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署: CSR統括本部 コーポレート・コミュニケーション本部 広報・宣伝部 広報グループ
担当者 : 廣納(ひろのう)、柴田
Tel:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 記載している会社名、システム名、製品名は各社の商標、又は登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。