日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年11月12日
株式会社日立ソリューションズ

スタンドアロンで利用するAndroid端末用ポータブル地理情報システムを販売開始
山間部や災害時など通信が使えない環境で、スマート端末を使ったフィールド業務が可能

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、Android端末用ポータブル地理情報システム(GIS)「GeoMation for Android Standalone Edition」の販売を11月13日から開始します。設備管理業務や営業活動などフィールド業務の現場において、通信環境が未整備な場所でもAndroid端末の直感性を活かした操作で、地図および地図に結びついた業務データ(設備情報やお客様情報など)の検索、参照が可能となり、業務の迅速化、効率化を実現します。また、通信を介さないため、災害時のBCPツールとして利用することが可能です。

現在、スマートデバイスの浸透とともに地図データの手軽な利用が進んでおり、位置情報を持つ属性情報(設備、顧客情報、車両位置など)や統計データを統合して扱う設備管理や営業・顧客情報管理システムにおいてもスマートデバイス対応のニーズは拡大しています。また、山間部などの通信が困難な場所でもデータ参照を行うことで業務効率を向上したいという要望があります。

「GeoMation for Android Standalone Edition」は、サーバーが不要なスタンドアロン型であり、Android端末だけで利用可能なポータブルGISです。GISで管理している地図と業務データをAndroid端末に格納することで、現場に持ち出し、活用することができます。データ通信が不要のため、現場の通信サービスの状況に関わらず使用することができ、災害時のように、通信回線が途絶えている状況でも利用可能です。
 また、従来、地図を現場に持ち出すために、地図情報の大量印刷による紙地図作成を行っていたようなケースでは、「GeoMation for Android Standalone Edition」を導入すれば、地図や設備情報をAndroid端末に集約して持ち出せるようになるため、紙地図の生成コストを削減することも可能です。

スタンドアロンで利用するAndroid端末用ポータブル地理情報システム

■ 「GeoMation for Android Standalone Edition」の主な特長

1. オフライン環境でのスピーディーな図面・帳票の検索・参照が可能

スタンドアロン型のため、サーバーを利用する場合と比べて、高速なレスポンスを実現します。また、現在位置や設備情報を迅速に検索します。

2. 広い範囲を担当する現場作業者でも利用できる位置検索と地図表示

拡大・縮小機能や表示縮尺に応じたレイヤー自動制御機能を持つため、幅広い範囲の地図であっても迅速な位置検索と分かりやすい地図表示が可能です。地図台帳の大量印刷も不要になります。

3. フィールド業務でも簡単なタッチ操作が可能

Android端末の特長のタッチ操作による直感的でスムーズな操作性はオフライン環境でも有効であり、地図検索や属性表示など、業務データを直感的に操作することができます。

4. サーバレスによる簡単な導入と運用が可能

サーバー環境はお客様側には不要なため、環境構築が容易となり、コストの抑制が可能です。

■ 販売開始時期

2012年11月13日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田、関口
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Androidは、Google Inc.の登録商標です。
※ GeoMationは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

■関連するソリューション・商品

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。