日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2013年2月19日
株式会社日立ソリューションズ

中国のHAND(漢得)社と協業し、NLTテクノロジーの基幹システムを刷新
「Oracle E-Business Suite」の中国仕様テンプレートを日本の商習慣に合わせて適用

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、液晶ディスプレイモジュール等の開発・製造・販売を行う、NLTテクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役 執行役員社長:大井 進/以下、NLTテクノロジー社)の基幹システムを刷新しました。システム構築においては、ハンドジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表:徐華)と協業し、同社の親会社である上海漢得信息技術股份有限公司(本社:中国上海市、董事長:范 建震/以下、HAND社)が、 NLTテクノロジー社のグループ会社である天馬微電子股份有限公司のグループ会社(以下、天馬グループ)に導入したERP「Oracle E-Business Suite」の中国仕様のテンプレートを適用し、日本の商習慣やお客様の要望を組み入れたカスタマイズを行いました。本システムは、2012年7月から稼働を開始しています。

NLTテクノロジー社は、2011年9月より基幹システムの刷新にあたり、今後の連結経営の効率化、短納期およびコストミニマムを目的に「Oracle E-Business Suite」で構築することと、天馬グループに導入している中国仕様のテンプレートを適用することを計画しました。しかしながら、中国仕様のテンプレートを日本の企業にそのまま適用できないため、天馬グループに「Oracle E-Business Suite」を導入したHAND社は、オフショア開発で連携した実績があり、日本の商習慣に精通し、「Oracle E-Business Suite」の導入実積も有する日立ソリューションズと協業し、システムの設計から構築、本稼動、運用までの全工程を行うことを決定しました。

日立ソリューションズは、HAND社や天馬グループの情報システム部門と協力し、NLTテクノロジー社特有の規則や業務、日本の商習慣を組み入れながら、少量の追加開発でテンプレートの適用を実現しました。これにより、天馬グループの業務の進め方に適合しながらも、NLTテクノロジー社の独自の業務にも沿った、利便性の高い基幹システムを短納期で構築することができました。

本プロジェクトの特長は以下の通りです。

  • システムの設計から構築、本稼働、運用までの全工程において、中国でERP導入を展開するHAND社と協業し、日本企業のNLTテクノロジー社に中国仕様のテンプレートを適用
  • NLTテクノロジー社やHAND社と密にコミュニケーションを図り、消費税や法定帳票、画面の日本語化などの日本の商習慣に合わせる方法や、NLTテクノロジー社特有の業務を的確にシステムに反映
  • NLTテクノロジー社に短納期およびコストミニマムで基幹システムを刷新するため、天馬グループの情報システム部門やHAND社と協議しながら、追加機能の開発を最小限に抑えるとともに、HAND社の中国開発センターで開発することで、要求どおりの短納期ながら納期遵守とコストの低減を実現

今後、日立ソリューションズはこれらの導入ノウハウを基に、ERP分野でHAND社をはじめとする中国のIT企業との協業を推進することで、グローバル事業を展開する日本企業や中国企業向けソリューションを提供していきます。

■ 日立ソリューションズのOracleの事業について

日立ソリューションズは1991年から日本オラクル社と協業し、多数の認定技術者を有しています。「Oracle E-Business Suite」をはじめとするOracle ApplicationsからOracle Fusion Middleware、Oracle Grid、Oracle Grid Controlなどです。

■ NLTテクノロジー社について

液晶ディスプレイモジュール等の映像表示装置の研究から開発、設計、製造、販売および保守を行っています。2011年7月より、日本電気株式会社(NEC)と天馬微電子股份有限公司および親会社である中国航空技術国際控股有限公司との合弁会社となりました。
 URL: http://www.nlt-technologies.co.jp/jp/index.html

■ HAND社について

中国を中心に、金融から電気、機械、食品、自動車、サービス業など多くの業種の企業に、「Oracle E-Business」やSAPなどのERPシステムの導入・開発などのサービスを提供しています。
 URL: http://www.hand-china.com/cn/

■ システムイメージ

システムイメージ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:安藤、宮本
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Oracle E-Business Suiteは、Oracle Corporationの商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。