日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2013年3月21日
株式会社日立ソリューションズ

SharePointで日本企業の業務に即した
ワークフローを実現するソリューションの提供開始

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、マイクロソフト社のビジネス コラボレーション プラットフォーム「SharePoint」の構築を支援する「SharePoint Server 構築サービス」と連携し、日本企業の業務に即したワークフローを実現するソリューションの提供を、3月22日から開始します。本ソリューションは、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男/以下、NTTデータ)のワークフローソフトウェア「OpenCube Workflow」を活用します。「OpenCube Workflow」は、「SharePoint」のワークフロー機能を拡張し、補完・強化するソフトウェアです。
 日立ソリューションズでは、「SharePoint」導入ユーザーの生産性向上や内部統制強化、業務の可視化などのニーズに対応するワークフローシステムを短期間かつ低コストで実現します。

多くの企業では、グループウェアやポータル、社内SNSなどのさまざまな情報共有ツールが導入されてきました。近年はこれらを業務プロセス効率のさらなる改善に役立てようとするニーズが高まっており、統合コラボレーション基盤である 「SharePoint」 の活用が注目されています。一方で、個々の企業の詳細な業務ニーズを満たすためには、「SharePoint」 の標準機能を拡張する必要があります。特に日本企業の業務プロセスは、部門をまたがる合議や承認ルートなどの複雑な対応が必要なことが多く、より高機能なワークフローが求められます。

マイクロソフト社とのパートナーシップ「マイクロソフト パートナーネットワーク」を締結している日立ソリューションズは、マイクロソフト製品を活用した多数のシステム構築実績を有しています。「SharePoint」に関しても、利用状況に応じた導入コンサルティングから、ポータル構築、エンドユーザーサポートまで一貫してサポートする「SharePoint Server 構築サービス」を提供し、中堅企業から大企業まで多くの構築実績があります。
 今回、「SharePoint」のワークフロー機能を拡張し、補完・強化する「OpenCube Workflow」の提供により、日立ソリューションズは、日本企業固有の複雑な業務にも柔軟に対応したワークフローシステムの導入を短期間、低コストで実現します。 これにより、企業における情報共有の促進、コンプライアンスの強化、ユーザーの利便性向上、運用管理者の負荷軽減を図ります。

■「SharePoint」と「OpenCube Workflow」を利用したワークフローシステムの特長

1. 「SharePoint」の環境構築と併せたトータルサポート

 「SharePoint Server 構築サービス」と組み合わせることにより、ワークフローシステムの導入をワンスットップで支援します。

2. 日本企業の複雑な決裁・申請フローに柔軟に対応

 「SharePoint」の情報共有基盤を活かし、日本企業固有の複雑な決裁・申請フローに対応したワークフローを実現します。さらに、多言語にも対応できるため、海外グループ会社を含めたシステムにも対応可能です。

3. IT統制への対応

 エンドユーザーがワークフローを利用した時の文書の編集や回覧、およびシステム管理者の設定変更時の記録など、IT統制への対応が可能です。また、残された記録から、ビジネスプロセス・マネジメント(BPM)における業務プロセス改善に役立てることができます。

なお、今回の発表に際し、日本マイクロソフト株式会社よりエンドースメントをいただいています。

■ 日本マイクロソフト株式会社のエンドースメント

日本マイクロソフトは、日立ソリューションズによるOpenCube製品の販売開始を、心より歓迎します。
 「SharePoint」の導入やサポートに豊富な実績を持つ日立ソリューションズが新たに「OpenCube Workflow」を核としたソリューションを提供することで、より広範囲なお客様において「SharePoint」の活用が加速するものと期待しています。
 今後も日本マイクロソフトは日立ソリューションズと密に連携し、新しいコラボレーションのご提案を通じて、お客様のビジネスの生産性向上に貢献してまいります。
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 Office ビジネス本部 本部長 ロアン・カン

■ 価格

製品名 価格
OpenCube Workflow 最少ライセンス構成(50ユーザー) 90万円(税別)
94万5千円(税込)

【NTTデータ概要】

NTTデータは、日本におけるITサービス、およびソリューション業界のリーディングカンパニーの一つです。
 コンサルティング、システム・インテグレーションやITアウトソーシングなどについて、主要な金融機関や、公的な機関、事業法人などに提供しています。

■ 販売開始時期: 

2013年3月22日

■ 「SharePoint Server 構築サービス」紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田、関口
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 「Microsoft」、「SharePoint」は、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ 「OpenCube」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。