日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2013年5月8日
株式会社日立ソリューションズ

「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション Version5」を販売開始
直感的な操作で、ファイルサーバーの使用状況や改善点を把握

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」のVersion5の提供を6月1日から開始します。Version5では、画面デザインを改良することでユーザーエクスペリエンスを向上したり、2クリックでファイルサーバーの使用状況を可視化するレポートを表示したりするなど、機能を強化しました。また、レポート上では、使用状況を多角的にグラフで表示したり、改善点をコメントでアドバイスしたりするなど、内容の充実を図りました。これにより、企業は直感的な操作で不要なファイルの候補を的確に把握し、ファイルサーバーのスリム化を推進することが可能となります。

ファイルサーバーの使用容量が増大し大規模化が進む中、その管理負担の軽減や災害時の復旧と事業継続の観点で、不要ファイルの削除や二次ディスクへのファイルの退避を検討する企業が増えています。
 このような状況の中、日立ソリューションズは、管理者が決めたファイル管理のルールに従って、ファイルサーバー内の不要なファイルの候補を属性情報から抽出し、ユーザーに定期的に削除を促す「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」を提供してきました。
 Version5では、「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」の特徴である「ユーザー参画型」や「ルールに則ったファイルサーバーの定期的な運用の仕組み」を意識した操作性の一層の向上を図ることで、ユーザーや管理者が変更になっても同じルールで運用を継続できるシステムを提供します。主な機能強化は以下の通りです。

1. レポート作成の簡易化と自動分析

更新日やサイズ、保管期限などのファイル属性から7つの分析指標を標準で設定し、ファイルの使用状況を視覚化するレポートを2クリックで表示します。また、ファイルサーバーのスリム化に向けた改善点をコメントでアドバイスします。管理者は分析指標のレポートを定期的に出力してユーザーにファイルサーバーの使用状況の推移を示すなど、不要ファイルの削除を促すことができます。

2. わかりやすい操作ガイド

ログイン時に、ユーザーの権限に応じて、ファイルサーバーのスリム化に向けた運用ステップやステップごとの操作手順、操作上のポイントや留意点を示したガイドを表示します。

3. 画面デザインの改良

レポートのグラフをクリックして表示される該当ファイルの一覧において、複数の属性による絞り込み機能の追加や削除指定ファイルの「ゴミ箱アイコン」表示など、操作性と画面デザインを改良し、直感的で実用に即した操作を支援します。

 「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」は2009年に販売を開始して以来、金融業、製造業をはじめとした大企業を中心に、150社以上のお客様に導入されています。
 日立ソリューションズは今後も、ユーザーエクスペリエンスのさらなる向上に努めるとともに、自社の大規模ファイルサーバーの運用で培ったノウハウを活かし、「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」の機能拡充を図り、高品質なサービスを提供します。そして、企業が持続的にファイルサーバーの効率的な運用を実現できるよう貢献していきます。

図:レポートの作成の手順、操作ガイド

■ その他の追加機能

# 機能名 内容 提供方法
1 運用支援の
機能強化
Windowsのフォルダ単位のクォータ機能に対応し、フォルダごとに決められた保存容量の利用率を表示できます。また、Active Directoryのドメイン移行に対応し、旧ドメインとしてアクセス権が付与されているファイルでも、移行後のユーザーがアクセスできます。 標準提供
2 日立製作所の
ストレージと
連携強化
日立製作所のストレージ「Hitachi Virtual File Platform」(VFP)との連携を強化し、VFPのファイル操作履歴を基に、アクセス歴のあるファイルだけを情報収集することで、処理時間を大幅に短縮します。 オプション (別売)

■ 価格(税込み)

1. MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション:

1) 200万ファイルまで 115万5千円
2) 400万ファイルまで 210万円
3) 1,000万ファイルまで 315万円
4) 大規模ライセンス(3,000万ファイルまで) 525万円

2. MEANSアクセスログ連携オプション(VFP版) 52万5千円(今回追加)

■「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」について

  • ファイルの属性やユーザーの設定条件を基に、ファイルサーバーの利用状況(古いファイル、よく使うファイルなど)を自動判別し、レポートなどで可視化します。また、該当条件のファイル一覧もアクセス権を考慮したうえで、利用者が共有できます。
  • レポートを定期的に生成してメールを配信します。
  • 利用者は所有しているファイルを設定条件で絞り込み、不要ファイルの削除や移動を行うことができます。
  • 設定条件に該当するファイルを自動的にファイルサーバーから2次ディスクに移動し、ファイルサーバーにショートカットを残すことができます。
  • アクセス日/更新日などから最近使用したファイルを絞り込み、指定フォルダに高速コピーを行います。

■ 製品URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 「MEANS ファイルサーバスリム化ソリューション」は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 「MEANS」は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。