日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2013年10月16日
株式会社日立ソリューションズ

マシンデータを統合・可視化するビッグデータ利活用基盤ソリューションを提供開始
SNSデータ分析や機械装置の稼動データ分析などを実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、マシンデータの収集、分析、可視化を実現するビッグデータ利活用基盤ソリューションの提供を10月16日から開始します。
 本ソリューションは、Splunk Inc.(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Godfrey R. Sullivan)のマシンデータ分析ソフトウェア「Splunk Enterprise(スプランク エンタープライズ)」を分析エンジンとして活用し、本製品の最適な導入から周辺システムとの連携までをワンストップサービスにて提供します。これにより、日立ソリューションズはSNSデータ分析によるマーケティング活動や機械装置の稼動データ分析による故障率予測など、企業におけるビッグデータ利活用を支援します。

マシンデータ:コンピュータ、各種IT機器、各種センサーなどから生成されるログやアプリケーションのテキストデータ

近年、ビッグデータをいかにビジネスに活用するかが企業にとって重要な経営課題となっています。一方で、仮想化やクラウド環境などの利用により企業が管理するITシステムは多様化しており、ITシステムから生成されるマシンデータは複雑化・増大化しているため、多種多様で膨大なデータの中から必要なデータを見つけだすことが困難な状況になっています。

このような背景の下、日立ソリューションズは、多様なデータの取り込みが容易であり、抽出、可視化まで柔軟に提供可能な「Splunk Enterprise」をマシンデータプラットフォームとして、マシンデータの収集、分析、可視化を実現するビッグデータ利活用基盤ソリューションを提供します。さらに、日立ソリューションズのシステム構築のノウハウを生かしオープンソース分散処理基盤「Apache Hadoop」と連携させたハイブリッドインテグレーションなどにより、付加価値の高いサービスも提供します。
 本ソリューションは、日立グループのビッグデータソリューションにおけるデータ利活用の一つとして位置付けられています。日立ソリューションズは、本ソリューションを含むビッグデータ利活用ソリューションの提供により、2015年度にビッグデータ関連事業の売上高100億円をめざします。

図:ビッグデータ利活用基盤ソリューションの概要
図:ビッグデータ利活用基盤ソリューションの概要

なお、今回の発表に際し、Splunk社よりエンドースメントをいただいています。

■ Splunk社のエンドースメント

「Splunk Enterprise」は、90か国6,000社を超える導入実績があります。Splunkユーザーは、マシンから生成されるビッグデータから、ビジネスにおける貴重な洞察が得られており、十分なROI(Return On Investment、投資収益率)を実現できています。日本のIT市場は、世界の中でも優れた製品を識別し評価する下地があります。日立ソリューションズがSplunkのソフトウェアを選び、またそのソフトウェアがもたらすインパクトを日本市場に示す契機となったことを大変喜ばしく思います。

Splunk社 アジアパシフィックおよび日本地域バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー
Robert Lau(ロバート・ロー)

■ 「Splunk Enterprise」について

「Splunk Enterprise」は、サーバーやネットワーク機器、業務システム、センサーなどシステムやデバイスの種類を問わず、マシンデータを収集、インデックス化することで、リアルタイムに検索できるマシンデータ分析ソフトウェアです。また、400種類以上のアプリケーションダッシュボードにより特定データソースの可視化も容易です。
 従来はITシステムの運用管理やセキュリティ分野を中心に利用されてきましたが、ネックワーク通信データやSNSデータ分析によるマーケティング活動、機械装置の稼動データによる故障率予測など、テキストデータを中心としたビッグデータの分析に適用できます。「Splunk Enterprise」は、90か国6,000社を超える導入実績があります。

■ 「Splunk Enterprise」フリー版について

内容 500MB/日までのデータ量の場合、マシンデータ解析のシミュレーションとして、無償で使うことができます。
申込先 日立ソリューションズのWebページからダウンロードできます。
URL:http://www.hitachi-solutions.co.jp/splunk/
問い合わせ先 ホームページ:https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  Tel:0120-571-488

■ ビッグデータ利活用基盤ソリューションの価格

製品名 価格(税込)
Splunk Enterprise オープン
導入支援および周辺システム構築 個別見積

■ 販売開始時期

2013年10月16日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/ Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田
TEL:03-5479-5013 E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Splunkは、Splunk Inc.の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ Apache Hadoop、Hadoop、象のロゴは、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。