日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2014年4月11日
株式会社日立ソリューションズ

「エンタープライズOSSプラットフォーム」を提供開始
事前検証済みのOSSミドルウェアを提供し、企業の運用・保守負担を軽減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、業務システムで活用される複数のオープンソースソフトウェア(以下、OSS)を推奨OSSスタック(*1)として組み合わせた「エンタープライズOSSプラットフォーム」を、4月11日からサブスクリプションモデル(*2)にて提供開始します。
 本サービスは、企業の業務システムで利用するにあたり信頼性の高いOSSを日立ソリューションズが選定して組み合わせ、運用の際に発生しうる不具合対策について、POWERプロセッサーを搭載したサーバーにLinuxをインストールした環境で事前に検証したものです。これにより、企業は、事前検証済みのOSSミドルウェアを導入し、さらにソフトウェアサポートサービスを受けることで運用・保守の負担を軽減することが可能です。

*1:複数のソフトウェアをまとめて動作検証した物
*2:定額で一定期間の使用(またはサポート)権を持つソフトウェアのライセンス形態

昨今、企業の業務システムの導入コストを低減することなどを目的に、OSSの活用が加速しています。一方で、企業がOSSを導入する際には、個々のOSSや、OSSを組み合わせた場合の事前の動作検証、トラブル時の対応などに手間がかかり、課題がありました。
 日立ソリューションズは、OSSの導入から運用・保守までをワンストップで提供するトータルソリューションを提供しており、これまでもLinuxやRed Hat JBoss、PostgreSQLなど様々なOSSの導入・構築支援サービスを行ってきました。
 このたび、これらの実績で培ったノウハウを活かし、企業のOSSの導入から運用・保守までを支援することを目的に、推奨OSSを組み合わせた「エンタープライズOSSプラットフォーム」とソフトウェアサポートサービスを提供します。具体的な利点は以下のとおりです。

1. 信頼性の高いOSSを短期間で導入

 日立ソリューションズが長年のシステム構築で培ったノウハウを基に、業務システムで有効なOSSを選定し、事前検証を行います。企業は信頼性の高いOSSを短期間で導入することが可能です。

2. 導入後のバージョンアップやパッチ適用を容易に実施

 OSSの導入後のバージョンアップやパッチ適用においても、日立ソリューションズが事前に動作検証を行い、提供します。また、トラブル時の一時対応も行います。これにより、企業は運用負担を軽減することが可能です。

日立ソリューションズは、今後もOSSの導入から運用・保守までのワンストップサービスで培ったノウハウを活かし、企業の業務システムにおけるOSSの活用を支援していきます。

■ 「エンタープライズOSSプラットフォーム」

エンタープライズOSSプラットフォーム

Red Hat JBoss EAP : Red Hat JBoss EAP(Enterprise Application Platform)

■ 提供サービス

1. ソフトウェアサポートサービス

  • 「エンタープライズOSSプラットフォーム」の提供
  • メールおよび電話による問合せへの対応(平日:9:00~17:00)
  • パッチ(*3)およびバージョンアップ版の提供

*3:パッチの提供は公開されたパッチのみとし、個別パッチの提供はしません。

2.導入サービス (オプション)

  • ソフトウェアインストール代行サービス

■ 価格

製品名 価格(税別)
ソフトウェアサポートサービス 個別見積り
導入サービス(オプション) 個別見積り

■ 販売開始時期

2014年4月11日

■ 出展セミナー

セミナー名 究極のLinuxマシン IBM PowerLinux
~ x86 Linuxの限界を超えた新たな市場へ ~
概要 日時:2014年4月22日(火) 13:30~18:00 (13:00 受付開始)
場所:日立ソリューションズ 本社別館
主催:BOEコンソーシアム
後援:日立ソリューションズ、日本アイ・ビー・エム、講演企業、オープンソースビジネス推進協議会
詳細 IBM PowerLinuxをベースとしたOSSの導入、構築、運用までをワンストップで提供する日立ソリューションズとOSSに強みを持つISV各社と共同で、最新の業界動向に加え、ソリューションの機能をわかりやすくご紹介します。
URL:http://www.boe-c.jp/2014/powerlinux.html

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:ブランド・コミュニケーション部 広報・宣伝グループ
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ POWER、Power、Power VMは、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Apache、Tomcatは、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Red Hat, JBossは米国およびそのほかの国において登録されたRed Hat, Inc.の商標です。
※ PostgreSQLは、PostgreSQLの米国およびその他の国における商標です。
※ Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。