日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2015年3月11日
株式会社日立ソリューションズ

「作業員安全支援ソリューション」が屋内の位置測定にも対応
Bluetoothビーコンを利用し、屋内の作業員や機械の位置をリアルタイムに把握

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、スマートフォンのGPS(全地球測位システム)を活用し、屋外の危険地域における作業員の安全管理を支援する「作業員安全支援ソリューション」において、Bluetoothビーコンで屋内の作業員や機械の位置を測定するオプションを3月16日から販売開始します。
 これにより、屋内外を問わず、安全管理者は作業員や機械などの位置をリアルタイムに把握することが可能となり、危険地域に進入した作業員に警告メッセージを発信するなど、作業員の安全管理を円滑に行うことができます。

昨今、プラントや土木工事現場において、設備の複雑化や作業範囲の広域化、作業場所の多数化、就業形態の多様化、熟練作業員の減少などにより、作業員の的確な安全管理、有事における迅速な対応のため、IT活用のニーズが高まっています。
 このような背景の下、日立ソリューションズは、スマートフォンのGPSにより把握した作業員の位置を地図上に一元管理することで、作業員の安全管理が可能な「作業員安全支援ソリューション」を2013年7月から提供してきました。

このたび日立ソリューションズは、GPSの届かない屋内においても作業員や機械の位置を測定するオプションを提供開始します。利用するハードウェアは低価格で、機器の設置や初期設定が容易なため、短期間で導入することが可能です。
 本システムは、作業員が携帯するスマートフォンがBluetoothビーコンの電波強度で位置を推定し、サーバーに位置情報を送信するものです。また、安全管理者が事前に設定した危険区域に作業員が進入した場合、スマートフォンにアラームを発信することも可能です。
 これにより、安全管理者は屋内外を問わず、作業員や機械の位置を把握し、安全管理を行うことができます。

イメージ

■「作業員安全支援ソリューション」の特長

1. 屋内外の作業員の位置をリアルタイムに把握

作業員の現在位置をGPSなどにより把握し、地図上に表示することで、安全管理責任者が作業員の状況をリアルタイムに把握することが可能です。現場での異常発生をアラートにより通知し、迅速な対応を促します。

2. 安全管理責任者と作業員の緊密な連携

位置情報、映像と音声による正確な状況把握が可能です。有事の際に、安全管理責任者と作業員が音声・映像を用いて緊密に連携することで、迅速かつ的確な対処が可能です。

3. 作業員の作業軌跡を管理

作業員の位置情報のログを管理し、動いた軌跡を地図上に表示します。作業実績を振り返ることで、安全管理基準の作成や、事故の再発防止策の作成に役立てることが可能です。

4. カスタマイズ可能な地図データ

本システムの基盤に、日立ソリューションズの地理情報システム(GIS)「GeoMation」を活用しています。国土地理院や株式会社ゼンリンが提供する地図の他、工場のライン設計図やCADデータなど、本サービスの導入現場に合った地図を活用することが可能です。

■ 対応可能なスマートフォン

OS Android4.3以上

■ 販売開始時期

3月16日

■ 提供価格

個別見積もり

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:ブランド・コミュニケーション部 広報・宣伝グループ
担当:安藤、竹谷
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ GeoMation、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ Bluetoothは、米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。