日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2015年3月24日
株式会社日立ソリューションズ

市販直後調査を支援する「REGASAS 市販直後調査オプション」を提供開始
MRの業務効率の向上と安全管理部門のきめ細かな進捗管理を実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、医薬品製造業向け実消化パッケージ「REGASAS(レガサス)」において、医薬品製造業の市販直後調査を支援するオプションを追加し、3月25日から提供開始します。
 これにより医薬品製造業は、MR(営業)による調査報告書作成の業務負担を軽減させるとともに、内容の均一化と適切な進捗管理が可能となります。

新薬が市場に広く販売され、さまざまな消費者に服用されるようになると、治験では判明しなかった副作用が現れることが想定されます。そのため厚生労働省では、医薬品製造業に対し、発売後6ヶ月の間、納入した医療機関や調剤薬局などすべての施設について副作用などの安全性に関する情報を収集する市販直後調査を実施し、その結果を報告することを義務付けています。医薬品製造業では、通常、MRが担当の施設をヒアリングして報告書を作成し、安全管理部門がその内容を整理して厚生労働省に報告しています。

日立ソリューションズが提供する「REGASAS」は、医薬品の卸販売データを取り込み、卸売業ごとに異なる納入先や商品などの各種コードを自社コードへ変換し、販売実績を集計・分析する営業支援パッケージです。業界特有の商習慣に合わせ、医薬品業界の標準データ交換システムであるJD-NETをはじめ、株式会社日本アルトマーク(本社:東京都中央区、代表取締役社長:平野 浩治)が提供する、医療機関や医療従事者のマスタに対応しています。

このたび追加した「REGASAS 市販直後調査オプション」では、MRのための調査報告の入力フォームや、安全管理部門が利用する進捗管理機能を提供します。これにより、MRによる報告書作成の業務負担を軽減するとともに、入力内容の均一化が可能となります。また、安全管理部門はMRの施設への訪問頻度やヒアリング内容をタイムリーに把握し、必要に応じてアラートを通知するなどの進捗管理ができるようになります。

日立ソリューションズは、今後も、医薬品の製造から販売までの事業活動を支援するソリューションを幅広く提供し、医薬品製造業におけるさまざまな課題を解決していきます。

■ 価格ならびに提供開始時期

サービス名 価格 提供開始時期
「REGASAS 市販直後調査オプション」 個別見積 3月25日

■「REGASAS」ホームページURL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:ブランド・コミュニケーション部 広報・宣伝グループ
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ REGASAS、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。