日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2015年7月27日
株式会社日立ソリューションズ

AWS上にDR(ディザスタリカバリ)環境を短期間で低コストに構築
オンプレミスとAWSを組み合わせたハイブリッド環境で運用負荷と運用コストを低減

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、資源・金属素材や産機・建機関連などの専門商社であるラサ商事株式会社(本社:東京都中央区/以下、ラサ商事)の基幹システムのDRサイト(ディザスタリカバリ環境)をアマゾン ウェブ サービス(AWS)上に3ヶ月間で構築し、2015年4月に本稼働を開始しました。
 本システムでは、オンプレミスとAWSのメリットを組み合わせたハイブリッド環境を実装して、低コストで柔軟性、拡張性のある、利便性の高い環境を短期間に実現しました。

ラサ商事はこれまで、BC/DR(事業継続/災害復旧)対策として、夜間にバックアップデータを外部記憶装置に保管するとともに、遠隔地のサーバーへ転送していました。しかし、記憶装置の老朽や枯渇による装置のリプレースに加え、廃棄や装置故障のような障害時の対応など、保管管理による運用コストがかかることや、システム復旧に時間を要することが課題となっていました。そこで、ラサ商事は、BC/DR対策を強化し、災害への早期対処を目的に、DRサイトを導入することになりました。

日立ソリューションズは、オンプレミス環境にクラウドストレージと接続するAWS Storage Gateway サービスを適用した非同期データ転送基盤を導入して、当時のバックアップ運用と同等の環境を実現しました。また、基幹システムの災害対策として、オンプレミス環境が被災した際の事業継続を実現するために、クラウド内の仮想サーバー Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)上にDRサイトを構築しました。
 AWS Storage Gateway サービスを適用したことで、 クラウド内ストレージAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)上のバックアップとの差分だけのデータ転送を可能とし、転送データ量が少なくなることで、専用回線を必要としないインターネット回線を介したバックアップデータの別地保管を実現しました。
 さらに、Amazon EC2への基幹システムDRサイトの構築では、オンプレミス環境で稼働している、AWS上の適用範囲を越えた古いバージョンのソフトウェアを、VM Import/Export機能を利用することでAWS上へ移行することができました。
 日立ソリューションズは、AWSに関する技術力、ノウハウを最大限に活かし、オンプレミス環境とAWSのハイブリッド環境を実現したことで、新規投資を抑えたBC/DR対策の導入をわずか3ヶ月での短期間構築を実装しました。

ラサ商事は、新しい環境によって、バックアップデータを保管する記憶装置の維持管理が不要になり、バックアップ運用作業が軽減するなど、BC/DR対策の運用コストと作業負荷の軽減を実現しました。今回のAWS上のDRサイトの導入は、オンプレミス環境への導入と比べて、約40%のITインフラ基盤への投資費用を抑えられると試算されます。 また、ラサ商事では、AWSの仕組みやメリットを活かし、今後の加速するビジネス変化に対応する企業ITインフラ基盤を自由に選択できることになりました。さらに、災害時でも、DRサイトにアクセスして業務を継続することで、災害の影響が取引先、関連グループ会社まで及ぶことを最小限にし、企業の社会的責任を果たすことができるようになりました。

5年間のAWS利用、災害発生率0.2%(5年間で3日間の被災)想定。

■ システム構成図

■ ラサ商事について

資源や金属素材、産機・建機等を産業界に供給し、その発展を支える専門商社です。特殊分野の専門性、技能・技術に裏打ちされた提案力、そして万全のメンテナンス・サービス体制によるサポート力を強みに、国内外の多くのお客様と長期にわたる信頼関係を築いています。鉱物資源ではジルコンサンド、産機分野ではスラリーポンプ、環境設備では独自技術の水砕スラグ製造設備など、各分野においてトップクラスのシェアの商品を有し、市場をリードする企業です。
 ホームページURL: http://www.rasaco.co.jp

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:安藤、竹谷
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 、AWS Storage gateway、VM Import/Exportは、米国Amazon.com, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。