日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2016年3月3日
株式会社日立ソリューションズ

柔軟で拡張性の高いネットワーク運用をOSSのSDNコントローラーにて実現
運用管理ソフトウェアと連携し、既存のネットワークからシームレスにSDNに移行

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、オープンソースソフトウエア(以下、OSS)のSDN*1コントローラー「OpenDaylight(以下、オープンデイライト)*2」を採用し、物理・仮想のネットワーク環境を統合管理するソリューションを3月4日から販売開始します。
 本ソリューションでは、オープンデイライトに独自のインターフェイスを拡張することで、SDNの技術に非対応の機器も含めて、マルチベンダで構成される機器やソフトウェアの集中制御を短期間で実現します。また、日立の統合システム運用管理「JP1」など運用管理ソフトウェアと連携し、操作性の高い管理者用ポータル画面を提供することで、既存のネットワークとSDNとの統合管理を実現します。
 これらにより、通信キャリア、クラウド事業者などは、容易にSDN 環境へ移行可能となります。そして、柔軟で拡張性の高いネットワーク構成や運用環境によって、ネットワークの運用コストの削減を実現できます。

今後、日立ソリューションズは、IoT分野における高度ICT基盤を拡充し、2020年までに関連ソリューションを含め、年間100億円の売上を目指します。

*1 : Software Defined Network。ネットワークの構成や機能、性能などをソフトウェアの操作だけで動的に設定し、管理できるネットワーク、あるいはそのコンセプト
*2 : 複数のシステムベンダーが共同開発し、OSSとして開発仕様を公開しているSDNコントローラーで、物理・仮想環境におけるさまざまなネットワーク機器を集中制御する。最近ではIoT機器との連携を強化

■ 背景

昨今、モバイルやソーシャル、ビッグデータ、クラウドなどのITが普及する中、企業では、マシンやストレージの仮想化に加え、複雑化するマルチベンダのネットワーク環境を集中制御し、ネットワークの設定を敏速に変更できるSDNへの関心が高まっています。しかし、新たな概念であるSDNを導入するためには、ネットワークデザインやプログラミングに専門知識が必要なことや、既存の運用管理方法から手法が変わること、SDNの技術に対応していない既存機器の存在などの課題があります。

■ ソリューションの特長

1.独自のインターフェイスを提供し、既存の機器やソフトウェアの集中制御を短期間に実現

 オープンデイライトに独自のインターフェイスを拡張し、SDNの技術に対応していない機器も含め、既存の機器やソフトウェアの集中制御を短期間に実現します。 日立ソリューションズは、オープンデイライトの開発基盤「OSGiフレームワーク」*3を活用した独自の製品開発実績から、複雑なカスタマイズに対応することができます。

*3 : Javaモジュールの動的追加や実行を管理するための基盤システム

2. 統合システム運用管理「JP1」などと連携し、既存ネットワークとSDNとの統合管理を実現

 「JP1」などの運用管理ソフトウェアと連携し、既存のネットワーク構成や運用管理方法を変えずに、SDNを実現します。また、必要に応じて、操作性の高い管理者用ポータルを提供します。
 さらに、日立ソリューションズの幅広いセキュリティ製品と組み合わせ、ネットワークの監視から異常検知、通信遮断や迂回経路の確保までの運用の自動化にも、今後対応していきます。

3. お客様の環境に合わせ、導入からシステム移行、保守までをワンストップでサービスを提供

 日立ソリューションズのネットワーク専門の技術者が、現在の運用方法やシステム環境に合わせて、コンサルテーションを行います。また、日立グループはオープンデイライトのコミュニティに参加しており、日立ソリューションズはその技術動向をいち早く把握することができます。

■ OpenDaylightコミュニティ エグゼクティブディレクター Neela Jacques氏のエンドースメント

「我々は日立をコミュニティのメンバーに迎えることを嬉しく思います。日立ソリューションズの高度な専門スキルは、企業や通信事業者に柔軟なSDNのソリューションをもたらすでしょう。今後も、ソフトウェアで制御するオープンなネットワークを実現するため、同社とともにSDNやNFV(Network Functions Virtualization)の普及をより促進していくことを楽しみにしています」

■ 提供価格

SDNネットワーク運用効率化ソリューション 2,000,000円~(税別)

■ 販売開始時期

2016年3月4日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:安藤、竹谷
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ OpenDaylightは、OpenDaylight Project,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

企業情報

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。