ページの本文へ

日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

ニュースリリース

2017年10月5日
株式会社日立ソリューションズ

手書き文字も自動認識するOCR処理機能を「活文」に追加し、
データエントリー業務の支援を強化

スキャナーで書類を読み込むだけで、活字・手書き文字の認識からデータ抽出までを自動で実現

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:柴原 節男/以下、日立ソリューションズ)は、電子化された書類から必要な情報をAIで自動抽出する「活文 Intelligent Data Extractor(以下、活文IDE)」において、活字や手書き文字を自動認識するOCR処理機能を追加します。活字をOCR処理するオプションを10月6日から、手書き文字をOCR処理するオプションを12月1日から、それぞれ販売開始します。
 今回提供するOCR処理機能は、読み取り位置の事前定義を必要とせず、スキャンした紙書類からテキストデータを生成することができます。また、従来、自動取り込みが難しかった領収書や申請書など、手書き文字を含んだ書類についても対応します。
 活文IDEは、膨大な紙書類のデータエントリー業務の効率向上を支援する「活文 データエントリ業務支援ソリューション」の中核製品であり、利用者は、従来必要とされていたOCRソフトを導入することなく、スキャナーで書類を読み込むだけで、手書きを含めた記載文字の認識からデータの抽出までを自動的に行えます。
 企業はこれにより、従来、人手で行っていた紙書類からの業務データ抽出作業の運用負荷を低減し、作業工数を大幅に削減します。さらにRPA*1を連携させることで、文字認識からシステム入力までを自動化することができ、業務効率の大幅な向上を支援します。

*1 Robotic Process Automation。機械学習・人工知能などの技術を活用したソフトウェアロボットにより、ビジネスプロセスにおいて、これまで人手で行っていた作業や業務を自動化・効率化する取り組みのこと。


図: 「活文 データエントリ業務支援ソリューション」の概要

■ 背景

昨今、働き方改革など、職場で業務の効率化が求められる中、「活文 データエントリ業務支援ソリューション」では、膨大な紙書類のデータエントリー業務に、AIを活用して業務効率化を支援してきました。
 しかし、企業では、領収書や申請書など、手書き文字を含んだ書類が膨大にあり、これらの書類を電子データ化するには、今までのOCR処理では実現が難しく、また、書類ごとに設定作業が必要など、さまざまな課題があり、業務効率化の障壁となっていました。

■ 「活文 Intelligent Data Extractor」のOCR処理機能の特長

1.手書き文字を高精度に認識し、多種多様な書類の読み取りが可能

 定型、非定型文書を問わず、活字や手書き文字を高精度に自動認識します。また、書類上の読み取り位置の事前定義を必要としません。これにより、企業は、これまで難しかった領収書や申請書などの手書き文字が多い書類などからのデータ抽出も可能となります。

2.文字の認識から抽出まで自動運用を実現

 OCR処理機能により、「活文 データエントリ業務支援ソリューション」では、OCRソフトとの連携が不要となり、スキャナーで書類を読み込むだけで文字の認識からデータの抽出までを一貫して自動化することができます。

■ 価格と販売開始日

※ システム環境や利用条件によって、価格は変動します。
オプションの利用には、「活文 Intelligent Data Extractor」本体の導入が前提となります。
両オプションは、サブスクリプションでの提供も可能です。

■ 「活文」 について

すべてはビジネスデータを活かしきるために。
活文はより業務課題にフォーカスしたソリューションで応えます。
http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/

■ 製品・ソリューション紹介URL

「活文 データエントリ業務支援ソリューション」:
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/dataentry/

「活文 Intelligent Data Extractor」:
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/katsubun/sp/ide/

■ セミナー、出展イベント情報

セミナー名eドキュメントフォーラム 2017
AIを活用したデータエントリ業務改革で働き方が劇的に変わる!
主催公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会
日時・場所日時: 2017年10月12日(木) 15:00~15:40
場所:東京ビッグサイト 会議棟 703会議室
詳細・お申込みhttp://jiima.or.jp/event/seminar/?fid=150
セミナー名イノベーションフォーラム2017
主催東京システムハウス株式会社、アライズイノベーション株式会社
日時・場所日時: 2017年10月20日(金) 13:30~17:40(13:00受付開始)
場所:JPタワー ホール&カンファレンス4階
詳細・お申込みhttp://www.sbbit.jp/eventinfo/41497/
イベント名Hitachi Social Innovation Forum 2017
場所東京国際フォーラム(有楽町)
展示日時2017年11月1日(水)・2日(木) [10:00-18:00]
詳細URLhttp://hsiftokyo.hitachi/

お問い合わせ
ニュースリリースに関する
お問い合わせ・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  
Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  
E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 活文、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

お問い合わせ ニュースリリースに関するご質問・ご相談など

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。
ページの先頭へ