AIの機械学習機能活用による書類からの情報自動抽出なら データ自動抽出基盤 [活文 Intelligent Data Extractor]

 

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

データ自動抽出基盤「活文 Intelligent Data Extractor」

多様な形式の紙書類から情報を自動抽出。
AIを活用し、システム登録作業を支援します。

注文書や請求書など、企業でいまだ使われている紙書類。
紙書類に記載されている情報を抽出し、システムに入力する作業に手間がかかっていませんか?
「活文 Intelligent Data Extractor」は、AIの機械学習機能を活用することで、データの取り込み、仕分け、抽出までの作業を自動化。 担当者は抽出結果をチェックするだけなので、システム登録作業を大幅に軽減できます。

このような課題はありませんか?

大量の紙情報を電子化したい

  • 社内に保管された大量の紙帳票を
    ペーパーレス化したいが
    スキャンデータから情報を抽出できない
  • 紙書類やイメージを見ながら
    記載情報の手入力が必要

大量の紙情報を電子化したいの図

OCRを利用した場合でも・・・

  • 取引先からのフォーマットの異なる書類ごとに
    読取位置定義が必要
  • 非定型書類の読取りに不向き


OCRを利用した場合でも・・・の図

活文 Intelligent Data Extractor なら

AIの活用によりデータの取り込み、仕分け、
抽出までの作業を自動化。

活文 Intelligent Data Extractor概要図

*本機能は別途オプションが必要です。

特長

フォルダに格納するだけで書類を自動仕分け

スキャンした書類のPDFデータをフォルダに格納するだけで、書類の種別ごとに自動で仕分けし、データを抽出します。チェック画面では書類の種別ごとにタブを切り替えて抽出結果を確認できるため、紙書類の記載情報を効率的にチェックできます。

フォルダに格納するだけで書類を自動仕分けの図
拡大して見る

AIの自動認識により多様な紙書類に対応

フォーマットが異なる書類(注文書やインボイスなど)であっても、罫線や周辺の文字情報により候補を抽出します。表のタイトルなどの抽出キーワードを定義しておけば、一般的なスキャニング/OCR処理のように、その都度、レイアウト定義を変更する必要がありません。


フォルダに格納するだけで書類を自動仕分けの図フォルダに格納するだけで書類を自動仕分けの図
拡大して見る

AIの機械学習により認識精度が向上

万が一、抽出された候補が誤っていた場合でも正しい候補をクリックして登録することで、AIが学習し、次回からの認識精度が向上します。

フォルダに格納するだけで書類を自動仕分けの図
拡大して見る

NEW多種多様なフォーマットの手書きを含んだ書類も自動抽出

多種多様なフォーマットの活字書類だけでなく、手書きを含んだ書類の自動抽出が可能です。手書きで記載された数字や文字列を読取位置の定義不要で自動抽出し、今まで難しいとされていた手書き書類のデータ入力作業を支援します。

多種多様なフォーマットの手書きを含んだ書類も自動抽出の図
*本機能は別途オプションが必要です。
拡大して見る

適用例

お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード