日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2006年2月17日
株式会社日立システムアンドサービス

人財戦略支援ソリューション「リシテアCareer」に
組織パフォーマンス分析機能を追加

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長 中村博行、以下「日立システム」)は、人財戦略支援ソリューション「リシテアCareer(※1)」の新機能として、組織における個人の知的能力発揮とモチベーションの把握を測定することができる組織パフォーマンス分析機能を新たに追加します。

 「リシテアCareer」は、人材を、効果的な投資と結果検証を続けることでその価値を高めることができる「人的資本(Human Capital)=人財」ととらえています。今回新しく組織パフォーマンス分析機能を追加したことにより、個人や組織単位に「知的能力発揮度」と「ワーキングモチベーション」を測定することができるようになりました。さらに「チームリレーションマップ」(図1)として可視化することにより、パフォーマンスネックの洗い出し、リーダーシップの発揮度合いと組織行動特性の分析(図2)が可能になり、上下間ギャップを捉え、個人や組織パフォーマンスを最大活用することができます。
 また、パフォーマンス分析を多角的におこなうことで、人財投資を的確に行えます。

 「リシテアCareer」で提供するソリューションは、HCM(※1)ベースの人財戦略支援ソリューションの他に、既に500社以上の導入実績をもつ「リシテアJob/Cost」があります。また、現在開発中の「リシテアProject」と連携をとることで、EPM(※2)ベースの経営戦略支援ソリューションを提供してまいります。

■(※1)「リシテアCareer」について (http://lysithea.jp/hcm/)
 「リシテアCareer」は、人材を効果的な投資と結果検証を続けることで、その資産価値を高めることができる「人的資本(Human Capital)=人財」ととらえます。そして、経営・事業戦略と連動した人財への投資計画を立て(Plan)、計画に基づいて投資(=育成)を実行し(Do)、実行結果を検証し次の投資計画に反映する(Check & Act)人財マネジメントサイクルHCM(Human Capital Management)を実現します。「リシテアCareer」を導入することで、経営サイドにとっては、人的戦力のAsIs把握(現状分析)、ToBe(ゴール設定)とのFit&Gap分析ができ、これにより企業の人財と組織パフォーマンスが可視化できます。また、これにより最も効果的な人財投資計画の策定が可能になります。社員にとってはPDCAサイクルによる効果的なキャリア形成が可能になります。また、スキル・インベントリー機能により社員相互のナレッジ共有を実現します。

■(※2) EPM:(Enterprise Performance Management/企業パフォーマンス管理)
経営情報をビジュアル化し、分析機能を提供することで、経営の迅速化を図り問題発見および解決を支援します。

図1 チームリレーションマップ
図2 チームリレーションマップによる分析

製品に関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
ソリューション営業統括本部
【東京】
 担当 :蓮井(はすい)、野本(のもと)
 TEL : 03-6718-5803
 E-mail : lysithea-project@hitachi-system.co.jp
 URL : http://lysithea.jp/hcm/

商品名称等に関する表示

本文中に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。