日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2010年4月20日
株式会社日立システムアンドサービス

コマツが就業管理システムに日立システムの「リシテアJob」を採用
グループ内の多様な勤務体系をカバーし、就業状況の“見える化”を実現

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、取締役社長:林 雅博/以下、日立システム)の従業員フロントソリューションの就業管理モジュールである「リシテアJob」が、コマツ(登記社名:株式会社 小松製作所、本社:東京都港区、代表取締役社長(兼)CEO:野路 國夫)の就業管理システムに採用され、現在、コマツ及びコマツグループ13社、約15,000人が利用されています。
 「リシテアJob」導入前のコマツの旧就業管理システムには以下の課題があったため、システムのリプレースが検討されました。
  • ユーザ数が上限に達しつつある
  • より快適にシステムを使いたいという現場の声
  • 他システムとのデータ連携で不整合が生じた場合の対応作業の手間
  • 2010年4月施行の労働基準法改正対応
  • グループ全体としてさらなるコンプライアンス推進
 いつくかの就業管理システムを比較・検討された結果、以下の点が評価され日立システムの「リシテアJob」が選定されました。
  • 画面のインターフェースのキレイさと分かりやすさ
  • コストパフォーマンスの高さ
  • ベンダーである日立システムの対応
 「リシテアJob」を利用した就業管理システムは、販売系のグループ企業についても導入対象となりました。また、個人ごとに異なる勤務スケジュール、多様なカレンダー設定、事業場外勤務の給与支払いなどの要件へも対応しました。「リシテアJob」は製造系企業をはじめ、特有のルールがある販売系企業にも柔軟に対応可能なため、コマツの要望をほぼ全て満たすシステムを構築することができました。リシテア全体のレスポンスの早さや他システムへのデータ連携時の配慮、短期間でのシステム構築、信頼性等についてもコマツから高い評価をいただいています。
 「リシテアJob」は、コマツ及びコマツグループ13社、従業員約15,000名の出勤、退勤、残業、年次有給休暇などが容易に把握できる就業状況の“見える化”を実現しています。日常業務のレベルでは、従来の紙ベースでの就業管理から移行したグループ企業に、効果が最も顕著に現れています。
 日立システムは、今後も、「リシテアJob」未導入のコマツグループ企業へのリシテア適用展開や、労働基準法改正対応などの支援を行うとともに、将来的には、“人事のエキスパート”が有効に使えるソリューションや、トータルなパッケージとして機能し業務プロセスの改革を実現するソリューションの提案を行うことで、世界をリードするグローバルカンパニーであるコマツの躍進に貢献できればと考えています。

「リシテアシリーズ」について

  URL : http://lysithea.hitachi-system.co.jp/
 従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」は、「リシテア Job(就業管理)」を中心として、「リシテア Cost(工数管理)/HealthCare(健康管理)/Travel(旅費申請)/Flow(汎用ワークフロー)/Report-i(帳票閲覧)」のシステムと、企業にとって最も重要な経営資産である人財育成をサポートする「リシテアCareer」で構成されています。「リシテアシリーズ」は、国内大手企業を中心に既に約720社の導入実績がある日立システムの主力パッケージ製品です。

商標名称等に関する表示

  • リシテアは、(株)日立システムアンドサービスの登録商標です。
  • その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
パートナー営業本部 オープンソリューション営業部 門井(かどい)
TEL:03-6718-5819  E-mail:lysithea-project@hitachi-system.co.jp

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。