ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『IaaS/PaaS環境運用支援 クラウドワークロードセキュリティサービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

IaaS/PaaS環境運用支援クラウドワークロードセキュリティサービス

IaaS/PaaS環境上の業務システムに関わる運用コストの低減とセキュアな利用を実現

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 情報セキュリティ部門が把握・管理できていないIaaS/PaaS環境の利用があるかもしれない

    未申告で利用されているIaaS/PaaS環境のアカウントを検知し、利用者の特定ができるため、管理漏れによるセキュリティリスクを低減

  • IaaS/PaaS環境のセキュリティ対策状況が把握できていない

    セキュリティ設定を自動チェックするためセキュアなクラウドサービス利用を実現

  • 複数の業務システムを構築しており、どのIaaS/PaaS環境で構成されているのか把握できていない

    複数のIaaS/PaaS環境の一元管理ができるため、棚卸などの運用コストを低減

IaaS/PaaS環境運用支援 クラウドワークロードセキュリティサービス  詳しくはこちら

概要

デジタルトランスフォーメーションの加速に伴い、事業の拡大にIaaS/PaaSなどのクラウドサービスを利用する企業が増加しています。しかし、クラウドサービスの利用は、仮想リソースの可視化やネットワークセキュリティ設定、脆弱性対策など情報セキュリティ部門にとって大きな負担となります。クラウドワークロードセキュリティサービスでは、未申告で利用されているIaaS/PaaS環境のアカウントの検知に加え複数の異なるIaaS/PaaS環境の一元管理を実現。さらにセキュリティの自動チェックも行うため、運用コストの低減だけでなく、セキュアなIaaS/PaaS環境の利用も実現します。

特長

未申告のIaaS/PaaS環境の検知

情報セキュリティ部門に未申告で契約しているIaaS/PaaS環境を検知し、利用者を特定することが可能です。検知した未申告のIaaS/PaaS環境はシステムに「未申告」として登録され、利用者にはシステムへの登録依頼メールを自動で配信し、正規の運用に誘導します。

セキュリティの自動チェック

セキュリティ設定の不備や脆弱性の自動チェックが可能です。その結果、セキュアなクラウドサービス利用を実現します。

業務システムの一元管理

複数のIaaS/PaaS環境の一元管理を実現します。
各IaaS/PaaS環境のセキュリティ対策状況をシステムごとに管理できるため、システムの重要度に応じて優先度をつけた対策が可能です。
そのため、システムの棚卸だけでなく、セキュリティ監査にかかるコストも低減できます。情報セキュリティ部門が全社のセキュリティリスクを包括的に管理し、各業務システムの担当部門が担当システムの状況を把握、対処するといった組織構造に合わせた運用も可能です。

サービス内容

AWS*やAzureなどの国内シェアの高い主要なクラウドサービスに対応しています。お客様の課題に合わせて必要なサービスを選択し、ご利用いただくことが可能です。

*AWS:Amazon Web Services

サービス内容 効果
利用時 システムのプロビジョニング システム構築までに要する時間の短縮、負担の軽減
運用時 IaaS/PaaS上の仮想リソースを自動で可視化・未申告利用の自動検出 管理漏れによるセキュリティ事故防止
セキュリティ設定不備や脆弱性の自動検知 人為的ミス、脆弱性対策の遅れを発見し、安全性を維持
監査・棚卸 事業・部門別にIaaS/PaaS上の仮想リソースを出力 監査・棚卸のコストを低減
事業・部門別にセキュリティ対策状況を出力

導入イメージ

サービス導入により、IaaS/PaaS環境のセキュアな利用を実現します。

IaaS/PaaSのセキュアな利用イメージ 企業ITの現状 サービス導入後

関連キーワード

最終更新日:2020年9月25日