日立ソリューションズ『Google Maps Platform』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

Google Maps Platform

Google Maps PlatformはGoogleマップの地図やコンテンツ・機能をAPI形式で呼び出して利用できるサービスです。Google Maps Platformのライセンス購入・導入を支援します。

Google Maps Platform

What's New!

2022年9月13日

WEBセミナー「Google Cloudでここまでできる!業務の生産性上げませんか?」10月24日 開催

2021年12月9日

「Google Cloud」をプレミアムパートナーとして提供開始します。

2021年6月14日

WebGL による新しいマップ機能の使用について

2021年5月20日

Google I/O 2021 での Google Maps Platform に関するWebGL を利用した新しいマップ機能「WebGL Overlay View (beta) 」と「Tilt and Rotation (beta)」(傾斜と回転機能)および昨年ベータ版がリリースした地図のカスタマイズ機能「Cloud-based maps styling」が発表されました。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 専門知識がなくても地図サービスを活用したい
    Google Maps PlatformのAPIを用いて簡単に導入することが可能です。
  • Google Mapsを導入したいがライセンス体系や使い方、使用量の確認方法がわからない
    日立ソリューションズとご契約いただくことでサポートサービスを受けることが可能です。

概要

Google Maps Platform とは

Google Maps Platformは、世界各国の地図やストリートビューなどをAPI形式で手軽に利用できる地図サービスです。充実した詳細な地理空間データ、便利な地図ツールを提供しています。

資料はこちら

Google Maps Platform は、Google Map の地図やストリートビューなどの「Maps」、ルートや所要時間などを検索する「Routes」、周辺のスポット検索やジオコーディング、位置情報を利用する「Places」の3つの機能をご利用いただけます。

Maps

Maps

静的マップや動的マップ、ストリートビュー画像、360° ビューにより、さまざまなリアルなマップを表示します。
Maps JavaScript API、Maps Static API、Street View APIなどがあります。

Routes

Routes

膨大なデータとリアルタイムの交通状況に基づき、ルート検索交通状況を考慮した所要時間の算出が可能です。
Directions API、Distance Matrix APIなどがあります。

Places

Places

世界中の場所の位置情報を利用し、施設などの情報の取得や、取得する情報の選択が可能です。(住所、電話番号、写真など)
住所から緯度経度に変換するジオコーディングや逆ジオコーディングも可能です。
Geocoding API、Place Details API、Geolocation APIなどがあります。

特長

EASY API形式で簡単導入

Google Maps PlatformのAPIを使って簡単に導入できます。ドキュメント類も公開されており、自力で地図の導入ができます。

VARIOUS 豊富な地図コンテンツ

地図だけでなく、場所・ルート探索に関することなどさまざまなコンテンツを利用できます。ストリートビューなどGoogle独自の情報も利用できます。

CLEAR 分かりやすい課金体系

利用目的やアクセス数に応じた従量課金制のため、利用料金が明確。日立ソリューションズでは従量課金プランと年間プランを用意しています。

ユースケース

車両や営業員の位置情報を把握して業務に生かしたい(動態管理)

車両や営業員のリアルタイムな位置情報をSFAと連携して使用することで、情報の伝達をスムーズに。ルート探索やあいまい検索を使用することで業務の効率化に。

店舗や事業所の位置を地図上に表示したい(営業支援)

車両や営業員のリアルタイムな位置情報をSFAと連携して使用することで、情報の伝達をスムーズに。ルート探索やあいまい検索を使用することで業務の効率化に。

地域住民に情報を発信し共有したい(災害・防災対策)

地域住民などに災害情報や観光情報などの情報を発信することができます。多言語地図で外国人観光客などにも情報を発信できます。

自社の製品やサービスに組み込んで使用したい(OEM利用)

自社の製品やサービスにGoogle マップを組み込んで利用することが可能です。自社の強みとGoogle マップの強みを合わせてお客様へご提供できます。

活用例:

ナビッピドットコム株式会社 位置情報ASPサービス DP Report@

日立ソリューションズだからできること

solution 01

豊富な実績とノウハウを生かした
導入サポート

GISノウハウをもったSEによる導入支援や導入後もサポートを行っています。
※ライセンス契約と別途契約が必要です。

solution 02

関連商材を合わせた提供

Google Cloud導入・活用支援ソリューションやGoogle Workspace導入・活用支援ソリューションなどGoogle 社の他サービスを合わせた提供が可能です。複数のサービスの利用を検討されている方は連絡ください。

空間情報ソリューション「GeoMation」との連携

空間情報ソリューション「GeoMation」では、Google Mapsを背景地図として利用できるほか、Google Maps APIと連携した住所検索、ルート探索、プレース検索機能を提供しています。

ルート検索機能

出発地・到着地・経由地を指定し、それらを通る道順を検索する機能です。

プレイス検索機能

地図の表示範囲内から、指定したキーワードに該当する場所を検索する機能です。

導入までの手順

*請求書払いが必要な場合は、Google Maps Platformのパートナーとの契約が必要です。

価格

ライセンス体系

Google Maps Platformは従量課金制です。使用するAPIごとに価格が異なります。
詳細はGoogle社の価格表(下記URL)をご参照ください。

Google Maps価格表

毎月200ドル分まで無償利用可能で、超過分は従量課金対象となります。
お客様がGoogle社と直接契約する場合は、クレジットカード払いによる月額プランになります。
日立ソリューションズと契約する場合、請求書払いでも対応可能になります。
当社のライセンス体系は、下記2つ料金プランになります。

初期構築費用

従量課金プラン

Google社との直接契約と同様に、API使用量に基づいて、利用料金をお支払いいただくプランです。

利用料は月末締めで当社より請求書を発行します。

or

年間プラン

API使用量に幅広く合わせられるよう、4段階のプランをご用意しています。

ご利用金額が年額プランの価格を超えた場合は、超過分を別途お支払いいただきます。

お見積もりはこちら

日立ソリューションズがご提供するプラン

年間契約を引き続きご提供

お支払いは年間1回でOK
毎月の事務処理負担が軽減します。

API使用量予測をサポート

API使用量を予測し、
適切な年間プランをご提供

年間だから、月々のAPI使用量の変動を吸収できます。

レポートとアドバイスのご提供

使用状況を毎月レポートし、
必要な対応策をサポート

お客様の利用上限を考慮してシステムの利用方法の見直しをサポートします。

最終更新日:2023年3月10日