ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『統合認証プラットフォーム IP3-ACE』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

統合認証プラットフォームIP3-ACE

IP3-ACE(アイピースリーエース)は、AuthWay(多要素認証)、CloudLink(シングルサインオン)、EntryMaster(ID管理)の3つの製品によって構成される国産の統合認証プラットフォームです。
包括的なID管理・運用の実現により、管理者の負担を軽減。認証を強化しながら、ユーザーの利便性向上を図ることができます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • ユーザーの利便性を損なうことなく、業務システムやクラウドサービスへのセキュアな認証を行いたい。

    多要素認証とシングルサインオンにより、認証の強化とユーザーの利便性確保を両立します。業務システムとクラウドサービスのID連携も可能です。

  • システムのID情報や認証基盤システムログが分散しているため、管理を効率化し、管理者の運用負荷を減らしたい。

    認証基盤におけるIDや操作ログの一元管理と、3製品で統一された管理者用WebUIにより、ID管理業務の効率的な運用を実現します。

  • 認証基盤システムについて、稼働中に停止させることなく、要件の変更にあわせ、必要な機能を追加したい。

    柔軟な構成で利用でき、あとからの機能追加も容易です。ライセンス数の変更やコンポーネントの追加もシステムを停止することなく可能です。

概要

IP3-ACEは、MFA(Multi-Factor Authentication:多要素認証)、SSO(Single Sign-On:シングルサインオン)、 ID管理を実現する、選択可能な3つの製品で構成される統合認証プラットフォームです。

MFA製品 AuthWay

ワンタイムパスワードによる二要素認証やスマートデバイスを用いた二経路認証など、セキュアな多要素認証基盤を提供。

SSO製品 CloudLink

企業内のシステムと各種クラウドサービスを連携させ、それぞれにログインせずとも一度の認証で利用可能となるシングルサインオンの実現により、ユーザーの利便性を向上。

ID管理製品 EntryMaster

組織内に分散したID情報の一元管理やアカウント同期により、適切なIDライフサイクルの運用を支援。

 IP3-ACE イメージ

特長

ニーズに応じた柔軟な提供形態

お客様の環境や要件に合わせ、必要な機能の選択が可能です。また、各製品共通のインストーラーやライセンス変更、コンポーネント追加のためのスクリプトが利用できるため、導入・拡張が容易です。

管理者の運用負荷を軽減するさまざまな機能を提供

3製品で統一された管理用WebUIで、環境設定や一貫したユーザー管理が可能。任意の条件や有効期限に基づいたユーザーへの一括メール通知などの管理機能を提供します。ユーザー用のWebUI開放による、ユーザー自身でのパスワード変更にも対応しています。

各種ログの一括管理を実現

認証時のアクセスログやユーザーの操作ログなど各種履歴の一括管理ができます。統一されたログフォーマットで確認できるため、解析や証跡確認が容易です。

機能

製品 機能概要
AuthWay
  • ワンタイムパスワードによる二要素認証
    -セキュリティレベルの高い時刻同期方式(OTP標準「OATH」に準拠)
    -マルチベンダーのトークンが利用可能なほか、トークンレスOTPにも対応(メール・Web配信)
  • スマートデバイスなどによる二経路認証
    -デバイス認証に加え、パスワード認証・パターン認証・生体認証に対応
CloudLink
  • シングルサインオン
    -SAMLによる認証連携機能と代理認証機能をサポート
  • 多要素認証
    -証明書認証のほか、AuthWayとの連携によるワンタイムパスワード認証・二経路認証への対応も可能
  • IPアドレスやcookieによるアクセス端末制限
EntryMaster
  • 他システムとのID情報の連携
    -Active DirectoryやLDAP、CSVファイル、各種クラウドサービスと連携
    (Microsoft Office 365、G Suite、Salesforce、boxなど)
  • 証跡機能
    -ユーザー情報に対する操作履歴や他システムへの連携証跡をログとして記録
  • ユーザー自身によるパスワード変更が可能

※IP3-ACEは株式会社アイピーキューブの製品です。

最終更新日:2019年12月24日