ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『LifeKeeper/DataKeeper』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

LifeKeeper/DataKeeper

LifeKeeperは、ITシステムを障害や災害から守るHA(ハイアベイラビリティ)クラスターソフトウェアです。データ・レプリケーションソフトの「DataKeeper」と組み合わせることで、共有ストレージを置けない条件下でもHAクラスターを構築可能とします。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 稼働サーバーに障害が生じた場合のビジネス継続性に不安がある

    サーバーを多重化(クラスタリング)することでシステムの可用性を高めます

  • 障害復旧時間と対応の手間を削減したい

    障害検知機能により自動的に稼働するサーバーを切り替えることで障害復旧時間と工数を削減します

  • パブリッククラウド環境では、共有ディスクによるクラスタ構成が実現できない

    データレプリケーション機能により疑似的な共有ボリュームを提供しクラスター構成を構築できます

概要

LifeKeeperは、システムの障害を監視し、稼働サーバーに障害が生じた場合に待機サーバーに自動切替を行うことで、復旧時間の短縮と運用リソースの削減を可能にします。DataKeeperは、共有ストレージによるクラスタ構成を実現できないパブリッククラウド環境では、データレプリケーション機能(DataKeeper)を共有ストレージの代替として提供します。

HAクラスターソフトの基本動作

予備のサーバーを設置し、稼働中のサーバーに障害が生じた場合にサーバーの自動切替(=フェイルオーバー)を行うことで、最小限の復旧時間を可能にするソフトウェアです。クライアントからは仮想IPにアクセスさせることにより、どちらのサーバーが稼働状態か意識する必要はありません。

HAクラスターソフトの基本動作

特長

機能

LifeKeeperは、サーバー同士で監視を行い、稼働サーバーの障害を検知した場合、待機サーバーへの切替を行います。
この際、LifeKeeperは、オンプレ環境では、サーバー間の情報共有には共有ボリュームを使用します。​
DataKeeperは、共有ボリュームによるクラスタ構成を実現できないパブリッククラウド環境で、データレプリケーション機能を共有ボリュームの代替として使用することで、オンプレ環境と同様にクラスタ構成を実現します。

(LifeKeeper あるいはWSFCをデータ・レプリケーションソフトの「DataKeeper」と組み合わせることで、共有ストレージを使わずにHAクラスターを構成できます。)

基本的な構成:共有ストレージ構成

システムを監視し、稼動系に障害が生じた場合に待機系に自動的に切り替えを行うことで、システムダウンタイムの時間を短縮し、ビジネス損失を最小限にします。

共有ストレージ構成

基本的な構成:データ・レプリケーション構成

データ・レプリケーション構成

価格

詳細につきましては当社までお問い合わせください。標準価格については下記サイトをご参照ください。
サイオステクノロジー株式会社 LifeKeeper/DataKeeper 価格

※LifeKeeper、SIOS LifeKeeper、SIOS DataKeeperは、SIOS Technology Corp.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

最終更新日:2021年7月1日