ページの本文へ

Hitachi
EnglishEnglish お問い合わせお問い合わせ

日立ソリューションズ『M2M 遠隔施設管理システム M2M Remote Factory Manager』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

M2M 遠隔施設管理システムM2M Remote Factory Manager

デバイスやセンサーのデータの収集・蓄積・配信・統計管理を実現

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • デバイスやセンサーからの情報を蓄積して利用したい。

    デバイスやセンサーからの情報を取得する通信機能を用意。

  • 蓄積情報をクラウドにアップロードして活用する前に、ゲートウェイ側で確実に保管したい。

    取得した情報を組み込みデータベース内に記録して管理。

  • デバイスやセンサーを遠隔から制御したい。

    クラウドシステムに接続する機能を装備し、クラウドシステムからの指示をデバイスやセンサーに送信。

M2M Remote Factory Manager 概要

近年、ビッグデータ処理や IoT/M2M 技術の実用化・高度化に伴い、センサーで設備機器の稼働情報をリアルタイムに収集・分析・活用したり、遠隔で設備機器の運用管理(O&M)を行うニーズが高まっています。
M2M遠隔施設管理システムは、デバイスやセンサーから出力される情報を管理するための、産業用PCやゲートウェイなどに搭載するソフトウェアシステムです。
デバイスやセンサーからの情報を収集する機能と、デバイスやセンサーに対して指示を行う機能を用意し、M2Mシステムで必要とされる情報収集とデバイスやセンサーの管理を実現します。
収集した情報は本システム内に蓄積され、ローカルでの簡易的なデータ利用を可能とするとともに、クラウド接続機能を利用することで、クラウドシステムへのデータ送信と、クラウドシステムからのコマンド受信を実現します。

M2M Remote Factory Manager イメージ

M2M Remote Factory Manager 特徴

M2M Remote Factory Manager 機能

デバイス通信機能

簡易データ見える化機能

クラウド連携機能

価格(税抜き)

下記お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

最終更新日:2020年1月24日