ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『次世代SWG・CASB・リモートアクセスソリューション Netskope』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

次世代SWG・CASB・リモートアクセスソリューションNetskope

SWG:Secure Web Gateway

CASB:Cloud Access Security Broker

Netskopeは社内・社外を問わず、クラウドサービス・Webサイトへのアクセスの可視化やリアルタイムでの制御により、セキュアな利用を実現します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 業務で使用するクラウドサービスに対し、個人アカウントからのアクセスや、業務アカウントでの不正な操作などがないかを確認するため、誰がどのクラウドサービスでどのような操作をしているかを把握したい。

    誰が、どのアカウントで、どのような操作を行ったかを含め可視化できます。ポリシーにもとづいたリアルタイム制御やマルウェア検知、機密データの漏洩防止なども可能です。

  • 社内・社外を問わず、クラウドサービス利用時のセキュリティレベルを統一・強化したい。

    Netskopeを経由してアクセスすることでセキュリティポリシーを適用、サービスやアカウントに応じた柔軟な制御を実現します。

  • テレワーク環境から社内システムへのセキュアなリモートアクセスを実現したい。

    ユーザーごとに許可した環境にのみ直接アクセスさせることができます。リモートアクセスのために別途機器を用意する必要もありません。

概要

働き方の多様化やテレワークの普及に伴い、企業におけるクラウドサービスの利用が進んでいます。社内外問わず、クラウドサービスを利用する機会が増えている中、クラウドサービスを安全に業務活用するためには、利用状況の可視化や制御、機密データ保護などのセキュリティ対策が求められます。

Netskopeは、シャドーITの可視化や制御などのCASB(Cloud Access Security Broker)機能に加え、Webフィルタリングやマルウェア対策などを実現するSWG(Secure Web Gateway)の機能やリモートアクセス機能も提供。デバイスへのエージェント導入により、より柔軟な通信のポリシー制御を実現します。

特長

利用状況の可視化やリアルタイム制御により、クラウドサービスの安全な利用を実現

誰が・どのアカウントで・どのクラウドサービスに・どのような操作を行ったかなど、クラウドサービスの利用状況を細かく可視化することで、従業員が勝手に利用しているクラウドサービスなどのシャドーITも洗い出すことができます。さらに、セキュリティポリシーにもとづいたリアルタイム制御、マルウェア検知、機密データ保護などのさまざまなセキュリティ機能により、安全なクラウドサービスの利用を実現します。

従業員から新規のクラウドサービスの利用申請があった場合には、Netskopeによるリスク評価を確認することで、利用可否の検討をスピーディーに行うことが可能です。

※2021年3月時点で、約40,000種類のクラウドサービスのリスク評価を行っています。

社内・社外を問わず、クラウドサービス利用時のセキュリティを強化

エージェントの導入により、場所を問わずクラウドサービスやWebサイトの利用を細かく制御することで、セキュリティの強化を実現します。
他にも、エージェント導入が不要なAPI型やリバースプロキシ型といった導入方式も備えており、お客様の要件や環境にあわせて選択可能です。

社内システムへのセキュアなリモートアクセスを実現

ユーザーごとに許可した社内システムにのみ直接リモートアクセスさせることができます。別途ネットワーク機器を導入する必要がないため、追加コストの負担なくセキュアなリモートアクセスを容易に実現します。

利用イメージ

Netskope Security Cloud 利用例  社内システムへのセキュアなリモートアクセス 社内←→netskope 総合管理画面・ログ分析←→Web SNS Storage

※NetskopeはNetskope社の製品です。

最終更新日:2021年4月9日