ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『製造現場向け計画立案支援システム 』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

製造現場向け計画立案支援システム

製造現場ごとの生産計画立案や、刻々と変化する生産状況に応じた計画見直しを、可視化によって支援。いつでも、どこでも、だれでも、在庫や進捗状況を直感的に把握できるモバイルシステムです。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 日々の生産スケジュールを守るため、生産進捗や部品在庫だけでなく、前後工程の状況など、情報収集が大変。スケジュールの立案や見直しはベテランの“神業”で成り立っている。

    自ライン、前後ライン、製品にかかわる全ラインの生産状況を可視化。ボトルネックが一目で分かるように工夫を凝らした画面で、迅速な判断と意思決定を支援します。

  • 不良頻発や欠品など、いざというときのための情報共有ができていない。コミュニケーションギャップによって対応遅れやドカ停止を引き起こす。

    前後ラインだけでなく、いつでも誰でも全ラインの状況が参照可能になります。同じデータを見ながらスピーディーかつ正確なコミュニケーションを支援します。

  • 現場のニーズを満たしたシステムを導入したいが、パソコンを置くスペースがない。工場レイアウトが頻繁に変更されるため、なかなかシステム導入に踏み切れない。
    導入しても、操作が難しく使ってもらえない。

    お手持ちの社用携帯など、既存のモバイル端末を活用できます。
    アプリをインストールし、ラインを設定するだけ*でお使いいただけます。

    *現場側として。サーバー環境は別途構築が必要です

概要

製造現場の“人の判断”を手軽な画面で強力に支援

製造現場向け計画立案支援システム

製造現場のデータを収集・分析し、不良要因分析や原価改善などの抜本的な対策・改善も重要ですが、“今”を乗り切り、より良くするための現場データ可視化に特化。迅速な判断が必要となる現場管理者の業務効率化とストレス緩和を支援します。

複雑な操作は不要で、いつでもだれでもデータに触れられる。
製造現場の緩やかなDXをご提案。

CONCEPT

製造現場の日々の業務を、より快適に・より簡単に。

イメージ

現場の意思決定をデータで支援する

データを集めて可視化する、それだけでも変化に強い現場、改善余力のある現場に変革が可能。

タイムリーで円滑な情報共有

見逃しや初動の遅れを防ぐため、タイムリーかつ問題が一目でわかる情報を提供。必要な時に誰でもアクセスできる。

製造業にもテレワークを

製造現場の出社率は極めて高い。現場に居なくてもラインコントロールできる可能性を提案。

製造現場は“人が中心”

「とっつきやすい」システムで、製造現場の“神業”をデータ可視化で支援。データを見るだけからはじめる、製造現場の緩やかなDXを。

特長

いつでも、どこでも、だれでも、製造現場の稼働状況を効率的に把握。
ラインコントロールのニューノーマルをめざして。

生産計画のリバイスに活用

自ラインだけでなく、前後ラインや全体の生産状況をリアルタイムに把握。生産計画のリバイスに活用。

現状~未来の状況を手軽に確認

未来の状況を見通し表示。さらに生産数や着手予定時刻を変更したシミュレーションで、部品の欠品を防ぐ。

※2022年1月 提供開始予定

いざという時のコミュニケーション

普段から関係するラインの状況を把握し、先手の対策。同じ情報を見ながらコミュニケーションが可能に。

現場利用の敷居を極限まで低く

アプリをインストールしてライン番号を設定するだけ。モバイルで直感的に簡単操作。パソコン設置のための場所、電源、ネットワークの敷設は不要。

機能

生産状況の一括表示

自ライン、前ライン、後ライン(部品供給のルートで紐づく)について、生産の進捗率や不良発生状況、部品の不足や余力を表示し、対策を打つべきボトルネックを把握。

凡例表示機能

信号機のように赤(不足)・黄(予兆)・青(余力)に注目すれば最低限の状況が把握可能。

  • 細かなグラフの意味は凡例表示で確認
  • 凡例含めたグラフの色を任意に変更

意匠出願済:意願2021-001783

自工程,前後工程の生産状況の一括表示

製造工程の全行程を1画面で俯瞰

前後工程だけでなく、自ラインで生産する部品を構成する製品単位で全行程の状況を把握可能。部品構成と生産計画をマッピングし一括表示し、どこの工程で、どの部品が全体の進捗に影響するかを確認。

特許出願済:特願2021-009125
意匠出願済:意願2021-001784

製造工程の全行程を1画面で俯瞰

見通しシミュレーション機能

※2022年1月 提供開始予定

見通しシミュレーション機能

指図別管理機能

  • 同一部品、指図(ロットなど)違いの生産計画に対応。

※2022年1月 提供開始予定

全ライン一覧表示機能

  • 最終完成実績を一覧表示

※2022年1月 提供開始予定

システム要件

製品バージョン サーバー要件(物理、仮想問わず) クライアント要件
Version1 x64プロセッサ 2コア以上
メモリー4GB以上
ストレージ空き1GB以上(DBデータ量による)
Windows Server 2016, Windows Server 2019,
Windows10(いずれも64bit)
PostgreSQL 12.5-1
Node.js 12.20
Node-RED 1.0.2
Android 6.0以降
Version2

※2022年1月 提供開始予定

Version1と同じ Android 6.0以降 iOS,iPadOS
(14.0以降予定)

価格

資料請求・お問い合わせボタンよりお問い合わせください。

最終更新日:2021年10月13日