ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『StructionSite』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

StructionSite

建設現場の360度画像を図面と紐づけてクラウド上で管理・共有することで、施工進捗の管理や設備の調査・点検業務を効率化します。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 建設現場で撮影した画像が整理できておらず、必要な時に必要な画像が見つからない。

    フロア図面上で画像を時系列で管理することで、必要な画像をすぐに見つけることができます。

  • 施工進捗が画像だけではよく分からない。

    同じ場所で撮影した過去の画像やBIMと比較表示することで、一目で施工進捗が分かります。

  • 設備の事前調査や点検のためにわざわざ現地に行く手間が掛かる。

    現場の作業者と画像を見ながらチャットでやり取りできるので、現地に行く手間が省けます。

概要

360度カメラで撮影した現場画像をフロア図面上で管理・共有することができるクラウドサービスです。アップロードした画像は撮影地点ごとに自動的に時系列順に整理されるだけでなく、写真に付加したタグやアップロードした作業者や日付で絞り込み検索することができます。360度画像だけでなく、通常の画像も管理することができます。

特長

直感的に操作できるUI

シンプルで使い勝手のよいUIとなっているため、誰でも簡単に利用することができます。

直感的に操作できるUI

さまざまなデバイスに対応

専用アプリケーション(iOS,Android対応)またはWebブラウザーから利用することができるので、いつでもどこからでも現場の状況を詳細に把握することができます。

さまざまなデバイスに対応

ユーザー数・データ数は無制限

利用できるユーザー数や登録できる画像のデータ数は無制限なので、サービス利用料以外の追加費用は掛かりません。

機能

  • チャット機能

    画像上にピンポイントでメッセージを添付することができるため、現場から離れていても効率的に状況確認や作業指示を行うことができます。

  • 比較表示機能

    同じ場所で撮影した過去の画像と現在の画像との比較表示やBIMデータとの比較表示が可能です。施工前の状態確認や進捗の把握に役立ちます。

  • VideoWalk機能

    現場を歩きながら撮影した360度動画から自動的に360度画像を生成し図面上に配置します。
    軌跡の解析は自動的に行われるので、大規模現場でも手軽に現場画像を整理できます。

VideoWalk機能

関連キーワード

最終更新日:2020年10月30日