ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『V2X Middleware Platform』のシステム、サービス概要・価格や、解決できる課題についてご紹介します。

協調型ITS向け車載通信基盤V2X Middleware Platform

周辺車両の状況をリアルタイムに把握し、エコで安全な車の運転支援を実現します。収集した外界情報から自車周辺状況をリアルタイムに解析し、運転支援に役立つ情報を提供するV2X基盤技術を開発しています。

このようなお悩みはありませんか?

  • 課題
  • 解決
  • 車車間・路車間通信といっても何から検討すれば良いのか分からない。

    車車間・路車間通信を行うためのメッセージ仕様含めたトータル基盤を用意。

  • 独自メッセージだと市場互換性が無いので車同士が認識できない。

    各国車載通信標準仕様書へ準拠。

  • 車の安全性を高めたい。

    通信を使用することにより車両の細かい情報を伝達。安全運転支援から自動運転まで幅広い分野へ適応可能。

V2X Middleware Platform 概要

情報通信技術を用いて人・車・道路が情報のやり取りを行い、事故・渋滞などの道路交通の問題を解決するITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)。
中でも協調型ITSでは情報通信技術・自動車制御技術の進化とともに車車間通信・路車間通信を用いて、より高度な安全運転システムの開発・実用化が進められています。
V2X Middleware Platform はこの車車間通信・路車間通信の基盤を提供し、無線通信やセンサーにより収集した自動車および周辺状況をリアルタイムに解析、安全でエコな車の運転支援を実現します。

特長/機能

ミドルウェア/デバイス制御

専用ボックス、カーナビ、携帯電話、デジタル家電などに適した軽量、高速、高機能な組込みシステム向け協調型車載通信基盤です。
欧州、北米、日本の標準規格へ準拠することによりグローバルに導入可能となっております。

コンパクトな組込み向け:

組み込み機器に特化した軽量・コンパクトな実装

マルチOS対応:

RTOS含むPOSIX準拠のシステムへ対応

対応CPU:

ARM, Intel(x86) など

マルチH/W対応:

IEEE802.11pまたはARIB STD-T109に対応したハードウェア

標準仕様準拠

フィールド経験

プラットフォーム

「V2X Middleware Platform」を採用して複雑なパケット構築ロジックを簡素化し、アプリケーション開発工数を削減できるとともに、保守性、信頼性も向上できます。
V2X Middleware Core 部分をベースにお客様の通信プラットフォームに最適な環境をご提供いたします。

V2X Middleware Platform 構成

V2X Middleware Platform 構成

V2X Middleware Platformは以下により構成されています。

V2X Middleware Core 車車間・路車間通信を実現するフレームワーク
V2X Add-ons V2X Middleware Platformを利用したサービスに付加価値を与えるコンポーネント群

V2X Middleware Platformサポートの中で以下のツール群をご提供いたします。

V2X Tools 検証、テスト、アプリケーション開発を行うための環境

搭載イメージ

搭載イメージ図

製品搭載イメージ図

サポート体制

お客様のシステムライフサイクル全体を、日立ならではのきめ細やかな対応でサポートいたします。

価格

個別にお見積もりいたします。

V2X/C2Xとは

車両と車両(V2V/C2C)、車両と路側機(V2I/C2I)など、車両とさまざまな機器(V2X/C2X)が通信で会話することを表し、無線通信により周囲の車の情報(位置、速度、車両制御情報など)、インフラからの情報(信号機、規制情報、道路情報など)、その他さまざまな機器からの情報を入手し、必要に応じて運転者に安全運転支援を行うシステム。車車間通信、路車間通信と呼ぶ場合もある。

関連キーワード

最終更新日:2021年7月30日