日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年8月29日
株式会社日立ソリューションズ

埼玉スタジアム2002において、
防災関連情報を提供するエリア放送「埼スタTV」を開始

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、公益財団法人埼玉県公園緑地協会(本部:さいたま市大宮区/理事長 赤石沢寿彦/以下、埼玉県公園緑地協会)と共同で、防災関連情報のエリア放送「埼スタTV」を埼玉スタジアム2002において9月11日から開始します。防災を目的とするスタジアムでの常設のエリア放送は、日本初の試みです。

東日本大震災以降、多くの自治体では災害対策への意識が一層高まり、デジタル無線や携帯端末の利用など、ITを活用した防災対策への注目が高まっています。特に、人が集中する地域や場所では、パニックによる2次災害への被害拡大も想定すべき課題です。

埼玉県公園緑地協会は、63,700席を有するメインスタジアムやサブグラウンドなど、埼玉スタジアム2002公園を管理しています。埼玉スタジアム2002公園には、Jリーグや日本代表によるサッカーの試合をはじめ、週末には多くの人々が集まるため、災害時の避難誘導やタイムリーな情報提供は重要な課題でした。
 日立ソリューションズはこの課題を解決するため、スタジアム内の観客に防災関連情報を配信するエリア放送「埼スタTV」を埼玉県公園緑地協会とともに開始します。具体的には、日立ソリューションズがこれまで30件以上の実証実験で培ったノウハウを活かし、エリア放送設備の設置からエリア放送の免許申請代行、コンテンツの企画や作成、編集、配信、運用までをワンストップで提供します。また、埼玉県公園緑地協会はプロジェクトのとりまとめやサービス全体の企画・運営を行います。
 「埼スタTV」は、平常時はイベントに関連する来場者に楽しんでもらえるコンテンツに加え、災害時の避難経路などの防災情報を分かりやすく伝えるコンテンツを配信します。9月11日は、埼玉県のマスコット「コバトン」が登場する「コバトンと行く!埼スタツアー&観戦の心得(防災編)」を試合前から配信し、スタジアム内の施設案内や避難経路、悪天候や停電の際の注意事項を伝えます。実際に災害が発生した時には、通信が困難な環境でも来場者に負荷なく情報を配信できるというエリア放送のメリットを活かし、避難するために必要な情報をリアルタイムで配信する予定です。来場者は座席別の避難経路をデータ放送で確認することもできます。

今後、日立ソリューションズは埼玉県公園緑地協会とともに、エリア放送を活用してスタジアムにおける安全性の一層の向上を図るとともに、サッカーの試合や各種イベントなどでの利用を検討していきます。

1.名称

埼スタエリア放送 「埼スタTV(サイスタティービー)」 埼スタTV(サイスタティービー)

2.サービスエリア(視聴できるエリア)

埼スタTV(サイスタティービー)

埼玉スタジアム2002の北広場、スタジアム内観客席にて視聴することができます。
※ 建物の裏やコンコースでは視聴できません。

3.放送開始日

2012年9月11日
※ 放送設備を常設し、今後も埼玉スタジアム2002でのイベント開催時に放送予定です。

4.チャンネル

UHF37ch
※ 埼玉県公園緑地協会を免許人とするエリア放送の免許申請を共同で行い、関東総合通信局より8月20日付で予備免許の交付を受けました。近日中に本免許の交付を受ける見込みです。

5.9月11日の配信コンテンツ

9月11日の配信コンテンツ

1) 映像「コバトンと行く!埼スタツアー&観戦の心得(防災編)」

おなじみ!埼玉県のマスコット「コバトン」が、埼玉スタジアム2002の内部に潜入し、選手ロッカーやウォーミングアップルームなど、日頃、なかなか見ることができない場所を紹介します。また、観戦前の心得として、悪天候時の注意事項や、災害時の避難経路を案内します。

2) データ放送

座席別の避難経路、観戦時の注意事項を配信します。試合後には、帰りの電車やバスなどの交通情報も配信予定です。

6.視聴方法

埼玉スタジアム2002のホームページでご確認ください。
http://www.stadium2002.com/topics/detail.php?eid=00466

7. 実施体制

1) 実施主体

公益財団法人埼玉県公園緑地協会
株式会社日立ソリューションズ

2) 協力企業

株式会社SEA Global(企画・制作)
DXアンテナ株式会社(エリア放送基準のフィルタ機能の提供協力)
株式会社日立製作所 横浜研究所(データ放送送出エンジンの提供協力)

8.日立ソリューションズが提供するソリューション「エリアワンセグ実証実験ソリューション」

エリア放送に必要なハードウェアやソフトウェアの提供をはじめ、免許取得支援からシステム構築、データ放送、アンテナ設置、運用支援まで、豊富な実証実験の実績を活かしてワンストップで提供します。また、これまでの運用ノウハウを活かし、エリア放送ならではの番組企画や映像制作も低コストで提供します。
 今後、スタジアムやイベント会場、テーマパーク、駅、防災など、多目的なエリア放送を支援します。
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/area1seg/

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 記載している会社名、製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。